サラリーマンが自己破産申請するには弁護士に依頼をするべき!

サラリーマンが自己破産申請するには弁護士に依頼をするべき!

自己破産,取り立て,代理,サラリーマン

現代の日本の社会情勢は、あらゆる面において先行き不透明な時代です。

 

 

中でも市場経済と、実体経済が乖離していることは重大な問題であり、まあ、これは日本だけではないのですが、資本家と労働者の間ではますます大きな亀裂が深まってきている時代です。

 

 

特に日本においても、貧富の格差や、非正規雇用者の比率の増大傾向などによって、法人はますます安く買い叩いた賃金で最大限の使い捨て労働力だけを搾取してやろうとする傾向にあります。

 

 

このような時代にあっては、ブラック企業やブラック労働形態は、日常的にあちこちで目にするほど蔓延している体たらくで、呆れたことに政府は何ら抜本的な改善策すら提示しません。

 

 

ですから、働いているにも関わらず、生活は苦しく、毎月の支払いをこなしていくのが精一杯という労働者はそこらにいます。

 

 

加えて、40代50代の中高年サラリーマンになると、25年や30年といった長期で組んで購入した住宅ローンを抱えていたり、子供が大学進学などで最も教育費等にお金がかかる時期だったりします。

 

 

それなのに賃金は一向に改善されず低賃金や支出ギリギリの所得をのままの生活を余儀なくされていると、何か不測の事態や出費があった場合などは、借金をして凌がなくてはならないわけです。

 

 

そうしたことがきっかけで、やむない事情で借金を重ねていくうちにやがて債務超過となり、借金でクビが回らなくなってしまいます。

 

 

いわゆる借金地獄です。

 

 

このような泥沼に落ちてしまったら、抜け出すのはほぼ無理です。

 

 

なので、債務整理を検討するのが現実的でしょう。

 

 

中でも、多額の負債を抱えたケースなどは、返済していくのはとても無理なので、債務整理の最終手段である自己破産を考えるのが普通です。

 

 

なぜなら、自己破産は成立すれば、問題が無い限りは免責許可が受けられて、借金が基本的に0になるからです。

 

 

しかし、債務者の状態やその借金をした理由、事情などによっては、自己破産ができないケースも多々あります。

 

 

例えば、ギャンブルやキャバクラ遊びなどの遊興費で借金を作ってしまった場合などは、「免責不許可事由」に該当するとして、自己破産しても免責許可は受けられず借金は丸々残ってしまいます。

 

 

また、持ち家があって、手放したくない場合、他にも財産がある場合などは、自己破産の手続きを開始すれば、基本財産は没収されてしまうので、自己破産以外の債務整理の方が良いということもあります。

 

 

ここでは、以下でそのように主に40代以上の中高年サラリーマンが借金問題で債務整理をする場合に、自己破産が良いのか、それ以外の債務整理の方が良いのか、また、弁護士に依頼した方が良いのか、などを考察していきたいと思います。

 

 

 

サラリーマンにあった債務整理の方法を弁護士と相談して決めることができる。

自己破産,取り立て,代理,サラリーマン
借金を重ねて多重債務となり、やがて債務超過に陥ってしまいにっちもさっちもいかなくなったあなた−。

 

 

まして、40代以上の中高年サラリーマンなら、会社でも家庭でも問題は山積している世代なので、借金問題を解決することは至難の業になります。

 

 

借金地獄でクビが回らなくなった場合には、自力で返済してくことはまず不可能です。

 

 

そこで、現実的な方策としては、債務整理をおこなって、現状から逃れるしかないと思います。

 

 

債務整理といえば、まず思い浮かぶのが自己破産だと思いますが、実際には他にも債務整理の方法は色々あります。

 

 

その借金や債務者の置かれている立場によって、債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の各方法を使い分けましょう!

 

 

多額の債務があって、これらを返済するのは無理、できれば借金をチャラにしたい、と考える場合には免責許可を受けられて借金を0にできる自己破産がベストです。

 

 

しかし、それが不都合な場合や成立しない場合も数多くあるのです。

 

 

このような判断は、法律の素人である債務者自身はなかなか適切な判定がしにくいと思います。

 

 

なので、まずは、法律の専門家である弁護士に無料相談を受けたうえで、債務者の状況や事情に最適で確実に成立可能な債務整理方法を選択するのがベストでしょう。

 

 

 

弁護士に依頼するメリットとしての事務処理の代行

債務整理をするうえでは、それぞれ方法によって随分違いはありますが、共通しているのは、事務処理の煩雑さです。

 

 

自己破産を例にとれば、自己破産の申し立てを行って、裁判所に対して破産申立書とさまざまな指定された必要書類などを作成したり添付したりして提出しなくてはなりません。

 

 

しかもこれは裁判所によって仕様も違い、細かい縛りがあったりして非常に煩雑で面倒臭い作業となります。

 

 

少しでも仕様に反していたり、書類に不備がある場合には、裁判所に突き返されてやり直すように命じられます。

 

 

このような煩雑な事務処理を、会社でヘトヘトになって働き、尚且つ、借金地獄でメンタルも疲弊しまくっている中高年のサラリーマンがこなしていけるほどタフではないと思います。

 

 

まず、精神的に物凄い負荷がかかってしまいますよね。

 

 

なので、適切な債務整理の方法を弁護士に相談して決めたらなら、そのままその債務整理の手続きを弁護士に依頼しましょう!

 

 

弁護士に依頼すれば、基本的に弁護士は代理人としてすべての事務処理や、裁判所などとの交渉事もすべてソツなくやってくれます。

 

 

依頼人のサラリーマンの方でも、煩わしい債務整理関係の事務処理手続きに悩まされること無く、仕事に集中できるという大きなメリットが生じるわけです。

 

 

ですから、お金をケチったりくだらない理由から、自分で債務整理をやろうなどと思わないことです。

 

 

時間や労力を考慮すれば、遥かに損です。

 

 

 

厄介な取り立てから解放される大きなメリット!

自己破産,取り立て,代理,サラリーマン
借金地獄で苦しんでいる状態で、最も苦痛になるのは、債権者からの借金の取り立てや督促行為の数々でしょう。

 

 

仕事にも集中できなくなりますし、家でも催促の電話がかかってきたり督促状が頻繁に届いたりして、神経の休まる暇がありませんよね。

 

 

多くの人が、精神を蝕まれてノイローゼ状態に陥ってしまったりするのも、この取り立てや督促行為が引き金になります。

 

 

こうした債権者からの取り立て行為、督促行為が、弁護士に債務整理を依頼した途端に消えます。

 

 

どういうことかといえば、債務者が、弁護士に所定の債務整理を依頼すると、弁護士は「代理権」を発動し債務者の代理人として債務整理に当たります。

 

 

その第一段階として、すべての債権者に対して受任通知を送付するのです。

 

 

受任通知というのは、本日只今より、弁護士が債務者の代理人になったので、今後は債務者本人に連絡を取ることを禁ずる、代わりに、代理人である弁護士がすべて債権者との連絡、交渉に当たるという宣言のようなものです。

 

 

この受任通知の送付によって、債権者は、債務者への一切の取り立て行為や督促行為を禁止されます。

 

 

そのおかげで、債務者は、取り立ての無い平穏な日常を取り戻し、仕事にも集中することができるようになるわけです。

 

 

このことは、弁護士に債務整理を依頼する上での大きな利点です。

 

 

 

まとめ

以上、中高年サラリーマンが多重債務などに陥り、実際に債務整理をする際にどうすれば良いのか?を中心に考察を進めてきました。

 

 

やはり、自分で判断せずに、法律のプロである弁護士に相談し、適切な債務整理方法を選択したうえで、弁護士にすべての手続きを依頼することが最良だということがわかってもらえたと思います。