仕事をしているならなおさら避けたい!!自己破産を依頼した弁護士とのトラブル

仕事をしているならなおさら避けたい!!自己破産を依頼した弁護士とのトラブル

自己破産,弁護士トラブル,依頼

日本社会の場合には特に、少々景気が上向いたり、日経平均株価が上昇しても、景気が良いと実感する庶民というのはほとんど存在しない国です。

 

 

基本的に法人や一部の投資家や経営者だけが儲ける仕組みの社会だけは死守されているからです。

 

 

その一方で労働者の権利や待遇というものは実に低く、軽く扱われています。

 

 

特に近年においては、日本も貧富の格差が拡大しています。

 

 

これは、職場における派遣などの非正規雇用の労働者比率の増大や、残業や休日出勤は暗黙の了解の空気の中で、賃金だけ出さない労働力の搾取だけを行っているブラック企業の蔓延化など改悪は止まりません。

 

 

このような社会背景の中で、働いているのに低賃金のために一向に生活は余裕が持てず、常に家計は火の車というような人々は非常に多く存在しています。

 

 

毎月の生活費や各種ローンなどの支払いをこなしていくために少しづつ色んなところから借金をして凌ぎ、それが積もり積もってやがて債務超過に陥ってしまうなんてことも珍しくはありませんね。

 

 

債務超過で借金地獄の悪循環に陥ってしまうと、もう自力でその泥沼から抜け出ることは難しくなってしまいます。

 

 

そこで、多くの人が具体的に検討する方策が債務整理です。

 

 

債務整理と言えば、一般的には自己破産が有名ですが、その他にも、任意整理や特定調停、個人再生などの方法があります。

 

 

しかし自己破産はもちろんのこと、これら債務整理を実際に行うとなると、法律の素人である債務者本人にはかなりのハードルの高さとなります。

 

 

特に自己破産などは裁判所とやり取りしながら破産手続きを進めなくてはいけませんし、やり方が拙いと、自己破産は何とか成立しても、免責許可が受けられなかった、なんて泣くに泣けない結果になることも少なくありません。

 

 

何より、膨大な時間がかかってしまいます。

 

 

そこで、通常、自己破産などの債務整理を行う場合には、法律のプロである弁護士に相談して依頼するのが普通です。

 

 

とはいえ、一体どのような弁護士に依頼するのが良いのでしょうか??

 

 

ここでは、以下に、そういったどのような弁護士に依頼すれば良いか?また、弁護士とトラブルにならないためにはどのようなことに注意すべきか?などを中心に考察を進めていきたいと思います。

 

 

 

自己破産を弁護士に依頼する上で最も多いトラブルとは!?

まず、債務者であるあなたが自己破産を申し立てする場合、どのような弁護士に依頼するのがより良いかを考えてみましょう。

 

 

当然のことながら、まず経験と実績を調べるべきです。

 

 

つまり、自己破産を含む債務整理の案件を数多くこなしている実績を持ち、その方面の案件を得意にしている弁護士を選ぶこと。

 

 

このことは、非常に重要なポイントとなります。

 

 

その上で、口コミの評判などをある程度調べて、人間的に信用できるか?金に汚いなどの悪い世評はないか?なども加味して選択基準とします。

 

 

まず、相談前にこの弁護士に取捨選択をある程度行ってから相談を受けに行くと良いでしょう。

 

 

その次に、今後は実際に依頼した後で、依頼者と弁護士の間において、トラブルが生じることがままあります。

 

 

これはいったい、どういった場合にトラブることが多いのでしょう??

 

 

自己破産における弁護士と依頼人とのトラブルで最も多いのが、依頼者が弁護士の指示に従わない、という理由から生じるトラブルです。

 

 

具体的には、弁護士が◯月◯日までに用意しておくように指示した必要書類を、依頼者は怠慢で用意していないとか、弁護士が打ち合わせるために依頼者に連絡しても返信しない、とかです。

 

 

よほど特殊な怠慢弁護士や悪徳弁護士を除けば、普通、弁護士は自己破産手続きの依頼を受ければ、できるだけ円滑に迅速に破産手続きを進めて免責許可を依頼者の為に勝ち取ってやろうと意気込むものです。

 

 

そのためにベストなプロセスを考え、その計画に沿って、依頼者にも逐一指示を出すわけです。

 

 

通例、この弁護士の指示通りに依頼者が従っていれば、問題なく、最もスムースに破産手続きは進んでいくわけです。

 

 

しかし、このような弁護士の指示に従わず、非協力的である依頼者の場合には、円滑に進むはずの破産手続きが滞ります。

 

 

更にこのような不誠実な依頼人の場合多いのは、借金を重ねた理由などに関して、弁護士にウソの理由を申し立てていたり、都合が悪いと思う経緯や資産など弁護士に報告せずに隠すケースも多いです。

 

 

このようなことが続く依頼者だと、弁護士も人間ですので、依頼者の姿勢に対して不信感が湧き、「この人、本当に真剣に自己破産を望んでいるのかな?」など訝しく思い始めます。

 

 

そうなると人間関係はギクシャクし始め、破産手続きの至る所で軋轢を生み始めるわけです。

 

 

これが、弁護士と依頼者の間で最も多く生じているトラブルの原因となっています。

 

 

弁護士とのトラブルは起こす前に予防しよう!?

自己破産,弁護士トラブル,依頼
このように、弁護士の指示に従わず非協力的な姿勢の依頼者がいちばん弁護士とのトラブルになりやすい、ということから予防策は導き出せますよね。

 

 

弁護士とのトラブルを予防するポイントは、信頼関係を築くことです。

 

 

あくまで弁護士が問題のある怠慢弁護士とかではなく、普通の弁護士の場合、依頼した時点で、できるだけ依頼人の得になるように自己破産や債務整理の手続きを進めようとするのが普通です。

 

 

弁護士は法律のプロです。

 

 

したがって、自己破産の手続きの進め方に関しても、どうやればベストな方法かよくわかって進めているわけです。

 

 

それを踏まえた上で、必要なプロセスにおいて、依頼者に逐一指示を出したり、指導を行ったりするわけなんですね。

 

 

それもこれも、依頼者にできるだけ早く問題なく破産手続きを終えて、免責許可を受けて欲しいからです。

 

 

ところが、弁護士がそういう気持ちでいるにも関わらず、肝心の依頼者がその方針に非協力的であったり不誠実な対応を取る人だった場合には…。

 

 

弁護士だって人間です。

 

 

嫌になっちゃいますよね(笑)。

 

 

そういう人間関係をまず考えてみることです。

 

 

難しいことではありません。

 

 

弁護士の指示に率直にキチンと従い、誠実な姿勢を見せれば良いだけです。

 

 

弁護士との信頼関係を築くというのは、弁護士に全面的ににお任せして指示があったらその通りにする、ということだけです。

 

 

 

もしも、弁護士とトラブルになってしまった時の対処方法は?

自己破産,弁護士トラブル,依頼
弁護士とトラブルにならないための予防策などを考察して述べてきましたが、もう手遅れで、実際に弁護士とトラブルに発展してしまったという人はどうすれば良いのでしょうか??

 

 

この場合には、二通りの対処方法が考えられます。

 

 

まず、一つ目は、トラブルの原因が弁護士ではなく、主に依頼人であるあなたにある場合−。

 

 

つまり、前述したように、弁護士は一生懸命、破産手続きを進めようとしているのに、依頼者のあなたが不誠実で、弁護士に対して非協力的な姿勢を取っている場合−。

 

 

この場合には、直ちに依頼人であるあなたの姿勢と態度を改め、弁護士と話し合い、以後は、できるだけ弁護士に協力し指示に従う旨を伝えてください。

 

 

この場合には、この話し合いと依頼人が襟を正すことによってトラブルは改善されるはずです。

 

 

二つ目は、依頼人ではなく、弁護士に問題や非があるせいでトラブルに発展してしまった場合−。

 

 

このケースでは、弁護士の所属している弁護士会に、トラブルがあったことを告発してください。

 

 

これが最も効果的な対処方法です。

 

 

報告を受けた弁護士会は、依頼した弁護士を審査して、トラブルに関する弁護士の落ち度が認められたら、その弁護士に懲戒処分を下します。

 

 

これは職務停止を意味するので、弁護士にとっては最も効くわけです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自己破産をはじめ債務整理を、法律の素人である債務者自身が行うことは難しいです。

 

 

ですから、通常は法律のプロである弁護士に依頼するわけですが、いくら依頼したからといっても、まったく協力しない、といった姿勢ではトラブルの素になるということです。

 

 

出来得る限りは弁護士に協力し、指示があればキチンと従う姿勢が大事です。