自己破産の弁護士費用が相場通り妥当か判断する方法とは?

自己破産の弁護士費用が相場通り妥当か判断する方法とは?

自己破産,弁護士費用,相場

様々な事情から、借金を重ね、それがやがて積もり積もって債務超過に陥ってしまうと、自力で借金返済していくことはほぼ不可能になりますよね。

 

 

そこで、そういう多重債務者は、借金地獄の泥沼から脱出するために、債務整理という手段を使うのが一般的です。

 

 

特に、債務整理の中でも最終手段と言われる自己破産なら、通常であれば、免責許可といって、合法的に借金返済義務を免除される、つまり、借金を0にできる救済措置を受けることができます。

 

 

そういう利点から、債務超過に陥った多重債務者は、自己破産を管轄の地方裁判所へ申し立てることが多いわけです。

 

 

しかし、気になる点や、二の足を踏んでしまう点もあります。

 

 

それは、自己破産の申し立ておよび自己破産手続きの遂行は、法律的にド素人である場合が大半の債務者本人にはいささか荷が重いという現実です。

 

 

というのも、自己破産の申し立てには、破産申立書はじめ多くの書類を揃えたり、細々として面倒であり、自己破産手続きのプロセスに移っても、そのプロセスは煩雑で、しかも裁判所と問題なく連絡を取り合っていかなければならないからです。

 

 

このような煩雑な自己破産の手続きを破産者本人が行うのは大変であり、時間も労力も膨大に費やさなくてはなりません。

 

 

そして、せっかく自己破産の手続きが終結して自己破産宣告を受けることができても、やり方がまずいために肝心の免責許可を受けることができなかった、なんて泣くに泣けない結末になったりするのも素人である債務者本人が自己破産手続きをする場合に多い失敗です。

 

 

このようなリスクを低減する意味でも、通常は自己破産の申し立て及び自己破産手続きは、法律のプロである弁護士に依頼するのが一般的です。

 

 

ですが、自己破産を弁護士に依頼する場合、借金に苦しむ多重債務者が気になるのは、弁護士費用がいくらかかるか?という点です。

 

 

自己破産を真剣に考えるほどの債務者は本当に借金地獄で追い詰められている状態なので、弁護士費用を用意する余裕などどこにもないのが当たり前です。

 

 

弁護士費用というのは、数年前に法律が改正されたことにより自由化しています。

 

 

各法律事務所では、自分とこの得意な案件やサービスの段階化など、料金体系にもメリハリをつけたりして、弁護士費用も非常に多様化しています。

 

 

そんな中で、どれぐらいが弁護士費用の相場なのかは大変気になるところですよね?

 

 

ここでは、以下において、借金に苦しむ多重債務者が、弁護士に自己破産を依頼する際に、弁護士費用の相場をどのように知っていけば良いのか?また、弁護士費用をまったく用意できない人はどのようにすれば良いのか?などを中心に考察していきます。

 

 

 

法テラスの弁護士費用の相場が妥当なのか?

これはざっくりした話になりますが、実際に、多重債務者が自己破産を弁護士に依頼した場合に、かかる弁護士費用の相場とはだいたいおいくらぐらいなのでしょうか??

 

 

もちろん法律事務所によって大きく異なるわけですが、だいたい一般的には、自己破産での弁護士費用の相場は、40〜60万円程度だと言われています。

 

 

ただでさえ、借金まみれでただでさえお金の無い多重債務者にとって、この相場の弁護士費用を用意することは非常に困難です。

 

 

そういった経済的に困窮している人の為に「法テラス」はあります。

 

 

法テラスとは国の機関であり、「司法支援センター」のことです。

 

 

法テラスのメリットとしては、まず無料相談が3回まで受けられるという点です。

 

 

通常の法律事務所だと、相談するにも、30分につき5000〜10000円程度の相談料を取られるのが普通なので、これはお得です。

 

 

この法テラスの無料相談で、借金問題や自己破産を相談したうえで、自己破産の依頼をします。

 

 

その際に、この法テラスの最大の頼りになる点は、民事法律扶助による「費用立替制度」です。

 

 

これこそが、弁護士費用を払う余裕など微塵もない多重債務者にはピッタリの救済制度なのです。

 

 

債務者が法テラスで、自己破産を依頼すれば、その自己破産手続き一切にかかる弁護士費用のみならず、裁判所へ支払う予納金も20万円までなら、法テラスが立替してくれるのです。

 

 

自己破産の破産申立人が、民事法律扶助の申請を行った時点で、法テラスが立替をして報酬と呼ばれる弁護士費用を、弁護士の法律事務所へ振り込みます。

 

 

そして、依頼者は、お金が無く、弁護士費用が用意できなくても、弁護士に代理人として自己破産の手続きを進めてもらうことができ、無事、自己破産が成立して免責許可が受けられるようになった後で、月々無理のない一定額を法テラスに返済していけば良いのです。

 

 

法テラスの弁護士費用の相場としては、通常弁護士に支払う「成功報酬金」というものがなく、そのため着手金が報酬と呼ばれています。

 

 

法テラスの定めている弁護士費用(報酬)は、日本で最低額の弁護士費用と言えます。

 

 

そこで、一般的な法律事務所の平均的な相場のみならず、かなり安い法律事務所の弁護士費用であっても、法テラスを下回ることはまずありえないほどの低額です。

 

 

 

債権者の数で弁護士費用が決まるところは注意しましょう!

自己破産,弁護士費用,相場
法テラスに相談して依頼するという手段は、お金がまったく無く、弁護士費用も全く工面できないという、どん底の多重債務者にとっては、地獄に仏のような方法であります。

 

 

ですが、多くの人の場合には、一般的な法律事務所に自己破産の相談に行き、そのまま自己破産の依頼を弁護士にするのが普通だと思います。

 

 

この時に注意すべき点があります。

 

 

一般的に、法律事務所を探す場合には、その法律事務所の公式サイトを閲覧していきますよね。

 

 

その際に、弁護士費用が相場より安いところには一般的に多重債務者は飛びつくと思います。

 

 

ですが、ここに注意と警戒が必要です。

 

 

というのも、この弁護士費用◯◯万円、という表示は「ただし、債権者が1社のみの場合に限る」とか、わざわざ※の注釈が、すごく小さくサイトの下の方にあったりするケースも多いんです。

 

 

ほとんど詐欺ですよね。

 

 

しかし、こういう法律事務所も多く存在していることも現実なのです。

 

 

こういった事務所のサイトではあくまで「債権者が1社のみの相場より安い弁護士費用」で釣っておいて、やはり小さく下の方に※の注釈で「2件以上の場合には追加料金○万円×件数」などと表示されている場合も多く、ほとんど罠です。

 

 

債務者が自己破産を弁護士に依頼する際の法律事務所選びで気をつけるべきはこういう点です。

 

 

債権者1社の場合のみ相場より安く設定してるのに、債権者の数によって、弁護士費用が変わってくるいかがわしい法律事務所に引っかからないように注意しましょう!

 

 

 

果たして法テラスの弁護士費用の相場が妥当なのか?

法テラスの設定している弁護士費用というのは、日本において最低料金を示している基準だと認識しても良いと思います。

 

 

すなわち、「どんな案件でも、最低これぐらいの弁護士費用があったら何とか処理できるでしょう」という、本当にギリギリのボーダーラインが法テラスの弁護士費用です。

 

 

なので、法テラスの弁護士費用が妥当か?否か?というのは一般的な、法律事務所における弁護士費用の相場とはかけ離れている問題だと思います。

 

 

 

まとめ

自己破産を弁護士に依頼する場合の注意点や、その弁護士費用の相場などについて考察してきましたがいかがだったでしょうか??

 

 

ケースバイケースで、法テラスを利用した方が良いか、自分に合った弁護士を見つけて自己破産の依頼をした方が良いかは各自判断して決めてください。