弁護士費用は値下げできないのか裏ワザを探ってみる

弁護士費用は値下げできないのか裏ワザを探ってみる

自己破産,値下げ,裏ワザ

あちこちに借金を作ってそれが積もり積もれば、やがて債務超過状態に陥ってしまいます。

 

 

債務超過になると、月々の利息の返済すら困難になり、もはや借金でクビがまわらない借金地獄の泥沼に落ちてしまいます。

 

 

こうなってしまえば、もう自力で借金返済していくことは不可能に近くなり、債務整理など具体的な手段を取らなければ、この借金地獄からは抜け出せない状態になります。

 

 

このような多重債務者にとって、最も有効な手立ては、債務整理の最終手段とも言われる自己破産です。

 

 

自己破産は、問題がなければ、自己破産の成立と同時に、合法的に借金をチャラにすることができる免責許可をうけることができます。

 

 

借金に苦しむ多重債務者が自己破産するには、まず住民票を置いている管轄の地方裁判所に自己破産の申し立てを行います。

 

 

その上で、自己破産の破産手続きを進めていき、手続きが終結して問題が特に無ければ、自己破産宣告を受けて、同時に免責許可決定も受けるのです。

 

 

以上のような流れで、自己破産は行われますが、これを債務者本人が自分でやっていくのはかなりハードルの高い仕事になります。

 

 

自己破産の申し立て及び自己破産手続きは、非常に煩雑で神経を使う業務である上に、法律的な知識が必要なため、素人がやると膨大な時間と労力を取られてしまうのです。

 

 

そこで、一般的には、自己破産を行うのに代理人として、法律のプロである弁護士に依頼する方法が普通です。

 

 

弁護士には代理権があるので、自己破産の破産申立書の作成から、その後の自己破産手続きの一切合切まで、ほとんどのプロセスの業務を債務者(破産申立人)に代わってやってくれるからです。

 

 

しかも、法律のプロで慣れているため自己破産の手続きに無駄がなく、時間もかからず迅速で、尚且つ確実に免責許可を勝ち取ってくれるわけです。

 

 

しかし、多重債務者が、自己破産に際して弁護士に依頼する際には大きな問題もあります。

 

 

それは、弁護士費用を含む自己破産にかかる費用面の心配です。

 

 

実際に自己破産を選択するまで追い込まれている多重債務者は、当然計算的な余裕などありません。

 

 

一般に、自己破産をする場合、弁護士費用としてかかる料金は、相場でだいたい40〜60万円ということです。

 

 

加えて、自己破産には裁判所に対して支払わなくてはならない予納金などの費用もかかります。

 

 

これらの高額な費用を、経済的に困窮している多重債務者が支払えるわけがありませんね。

 

 

そこで、債務者なら誰でもこう考えます。

 

 

「自己破産にかかる費用をなんとか値下げする裏ワザはないものだろうか?」

 

 

そのような値下げの裏ワザがあるものであれば是非とも知って使いたい!と。

 

 

結論から言えば、自己破産に際して、このような弁護士費用はじめ、それにかかる費用を値下げする裏ワザはあります。

 

 

ここでは、以下において、そのような自己破産の費用を値下げする裏ワザの実際的な方法について詳しく考察していきたいと思います。

 

 

 

ついに値下げの裏ワザを公開!自己破産依頼の契約時に一言!

それでは早速、弁護士に自己破産を依頼するときに、自己破産にかかる弁護士費用等を値下げできる裏ワザを具体的に紹介します。

 

 

その値下げの裏ワザとは、「自己破産にかかる費用の支払いは、法テラスの民事法律扶助制度を利用したいと思います」ということを一言言うだけです。

 

 

自己破産にかかる費用を値下げする裏ワザは、簡単なこれだけのことです。

 

 

ちなみに、法テラスというのは日本司法支援センターのことで、国の設置した機関です。

 

 

主に、低所得者層などで、必要な法律のサービスが受けられないという一般の人々向けに作られた法律相談の総合窓口です。

 

 

法テラスの民事法律扶助というのは、一定の収入を超えない人であれば、法テラスの用意した弁護士や司法書士を使うことができ、尚且つその費用を立替えてくれる費用立替制度を持った制度のことです。

 

 

なぜ、自己破産を依頼する際に、法テラスの民事法律扶助を使えば、自己破産にかかる費用を値下げすることができる裏ワザになるのか?という解説は次項以降で詳しく説明していきます。

 

 

 

法テラスの民事法律扶助は非常に便利な制度!

自己破産,値下げ,裏ワザ
自己破産の費用の支払いに、法テラスの民事法律扶助を利用すれば、なぜ費用値下げの裏ワザになるのか?をここでは具体的に説明していきたいと思います。

 

 

まず、値下げの裏ワザとして有効な点は、法テラスの法律扶助制度を利用すれば、日本国においておよそ考えられる最低限の弁護士費用に抑えられるという点です。

 

 

これは相場の弁護士費用より大幅に支払額(弁護士費用)をカットでき、大幅な値下げの裏ワザそのものといっていいでしょう。

 

 

次の、値下げの裏ワザといえるポイントは、法テラスの法律扶助を利用すれば、弁護士費用を法テラスに立て替えてもらえるという費用立替制度が利用できるという点です。

 

 

依頼人は最もお金のない自己破産の手続き期間は、値下げの裏ワザとして有効な法律扶助制度を利用したことにより費用も立て替えてもらって自分で支払わなくて済みます。

 

 

その上で、返済をするのは、自己破産が成立し免責許可を受けてから2ヶ月以上が経ってから、無理のない月々5000〜10000円という支払い額を毎月支払っていけば良いので、この点からも値下げの裏ワザということができます。

 

 

このように、法テラスの法律扶助制度は、自己破産にかかる費用の値下げの裏ワザとして有効なだけではなく、多重債務者にとって非常に便利な制度であります。

 

 

 

法テラスに行かずに活用できる費用値下げの裏ワザ

弁護士費用など自己破産にかかる費用を値下げする裏ワザとして有効な法律扶助制度を利用するには、法テラスへ行って実際に無料相談を受けてからでないと利用できないと考える人が多いですね。

 

 

しかし、実際には、この費用の値下げの裏ワザである民事法律扶助制度の利用を申請することは、法テラスに実際行かなくてもできるのです。

 

 

というのも、この弁護士費用はじめ自己破産にかかる費用の値下げの裏ワザとして有効な民事法律扶助制度を法テラスと契約を結んでいる弁護士であれば、すべて利用することができるからです。

 

 

すなわち、法テラスと法律扶助の契約を結んでいる弁護士や司法書士であれば、法テラスに直接行かずとも、自分の事務所で相談に応じても同じように費用の値下げの裏ワザとして有効な民事法律扶助の申請を受けることができるわけです。

 

 

そして、これはほとんどの法律事務所で、自己破産の費用の値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助の利用の申請ができるということを意味します。

 

 

なぜなら、ほとんどすべての弁護士は、法テラスと法律扶助の契約を結んでいるからです。

 

 

なので、もしも、多重債権者のあなたが、自己破産を弁護士に依頼する際に、費用を値下げする裏ワザとして、法テラスの法律扶助制度を利用したいと申請しても、「ウチはそういうのは受け付けていない」などと拒否する法律事務所は考えた方が良いです。

 

 

このような回答をしてくる法律事務所は、費用を値下げする裏ワザの法律扶助なんか使われるとお金が儲からないから断ってくるのです。

 

 

間違いなく金儲け主義の悪徳事務所なので、費用を値下げする裏ワザをあなたが提言した時点でこのような回答が返ってくれば、速攻でその弁護士は切って、他の弁護士に依頼するようにしましょう!

 

 

まとめ(弁護士費用値下げできないのか裏ワザを探ってみるの総括)

多重債務者が、自己破産を弁護士に依頼する際に、その高額な自己破産にかかる費用を値下げする裏ワザをあれこれと探って掘り下げて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

一口に、費用を値下げする裏ワザといっても、知っているか?知らないか?レベルの簡単な事項でしたね。

 

 

とはいえ、この法律扶助という値下げに有効な裏ワザを知っているのと知らないのでは、天地の差が自己破産手続きとその後の経済事情において出ます。

 

 

自己破産を考える際には、是非とも頭に入れておきたい費用値下げの裏ワザではありますよね。