法テラスのメリットやデメリット、利用条件を分析

法テラスのメリットやデメリット、利用条件を分析

自己破産,法テラス,利用条件

借金を方々にしてしまって多重債務者になると、返済していくのがとても大変です。

 

 

そのうちに借金でクビが回らなくなり、パンクしてしまいます。

 

 

そうなると、債務整理の最終手段である自己破産をして、借金を片付けないと、もうどうしようもなくなってしまいます。

 

 

自己破産はそれが問題なく成立すれば、同時に債務の返済が免除、つまり合法的に借金をチャラにできる免責許可を受けることができます。

 

 

自己破産をするには、まず、住民票のある管轄地域の地方裁判所に自己破産の申し立てを行わなくてはなりません。

 

 

それから、自己破産の手続きを進めて、問題なく終結すれば、自己破産宣告を裁判所から受けて、同時に免責許可も受けます。

 

 

そうなると、晴れて借金は合法的に帳消しとなり、借金地獄から解放され、もう一度、人生を再生できるチャンスが与えられるという、救済措置が自己破産の正体です。

 

 

このように借金で行き詰まった多重債務者を救済する素晴らしい制度が自己破産なのですが、それでも、経済的に困窮した多重債務者にとっては大きな問題もあります。

 

 

それは、多くの場合、自己破産は法律のプロである弁護士に依頼して代理人として遂行してもらうのが常となっていますが、この自己破産にかかる弁護士費用が非常に高額なことです。

 

 

一般的に、自己破産を弁護士に依頼すれば、その弁護士費用(報酬)として、40万円〜60万円が相場としてかかるそうです。

 

 

そして、自己破産を申請すれば、これとは別途に裁判所に対して、予納金などを納めなくてはならず、トータルで非常に高額な費用がかかってしまいます。

 

 

多重債務者は、生活困窮者であり、とてもこのような高額の自己破産にかかる費用をねん出できる財力も余裕もありません。

 

 

そこで、このようなお金に困っている多重債務者の助け舟となるシステムが法テラスです。

 

 

法テラスは、正確には「日本司法支援センター」といって、国が設置した機関です。

 

 

その目的は、経済的に困窮したお金の無い人々でも、法律的な支援やサービスを受けられるように設置されました。

 

 

ここでは、そんな法テラスを、お金に困っている多重債務者が自己破産の依頼に利用する際のメリットやデメリット、そして、その利用条件などについて、少し掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

自己破産に法テラスを利用する場合のメリットについて

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産を弁護士に依頼する際、法テラスを利用する場合のメリットについて考えていきたいと思います。

 

 

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産に法テラスを利用する場合のメリットの主なものは、3つほど挙げられます。

 

 

費用立替制度のメリット

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産の依頼を法テラスにする場合のメリットとして最も大きなものは、この「費用立替制度」だと思います。

 

 

これは、自己破産を申請する際に、弁護士費用を前もって法テラスの方で立て替えて支払ってくれるという立替制度です。

 

 

これは、法テラスの「民事法律扶助制度」に基づいて行われます。

 

 

このことは、法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者にとっては非常に大きな救いです。

 

 

お金が無いために、自己破産したくても高額な弁護士費用に二の足を踏んでいる人が多いからです。

 

 

また加えて、法テラスの費用立替制度は、自己破産の際に裁判所に対して納めなくてはならない予納金も、20万円までなら立替が効くのです。

 

 

法テラスの費用立替制度は、そのような杞憂や不安を取り払い、法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者の背中を押してくれる制度です。

 

 

弁護士費用のトータルな金額自体が安くなるメリット

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産を依頼するのに法テラスを利用する次なるメリットとして挙げられるのは、自己破産の際の弁護士費用そのものが相場よりもだいぶ安くなるという点です。

 

 

法テラスの費用基準は一般的な法律事務所の費用設定の相場よりも、相当安く設定されていて、おそらく日本一安価な料金設定となっています。

 

 

具体的には、一般的な法律事務所の弁護士に自己破産を依頼した場合と、法テラスに自己破産を依頼した場合の差額は10万円以上の開きが出ます。

 

 

このことは、法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者にとっては、とても大きなメリットとなります。

 

 

 

償還金の猶予や免除が受けられる場合があるというメリット

法テラスの民事法律扶助制度においては、費用立替制度があり、自己破産に必要な弁護士費用及び裁判所に納める予納金を法テラスが立て替えてくれるというありがたいシステムがあることは紹介しました。

 

 

これにより、自己破産費用のまったく用意できない法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者でも、法テラスを利用すれば自己破産をすることができます。

 

 

しかし、これらの立替金はその後、償還しなければなりません。

 

 

これも、自己破産後に、毎月無理のない月5000〜10000円と返済額を支払っていけば良いようになっているので、通常の場合は問題がありません。

 

 

しかし、自己破産後の生活状況によってどうしても立替金の償還が厳しく苦しくなるケースもあります。

 

 

このような場合には、法テラスに事情を説明すれば、償還を猶予してもらえるケースが多いです。

 

 

しかも、中には事情によっては、償還を免除してもらうケースもあるのです。

 

 

 

自己破産に法テラスを利用できる利用条件とは?

法テラスは、経済的に困窮した人に向けて法律的な支援を行うことを目的に設置されている機関なので、誰でも利用できるわけではありません。

 

 

法テラスを利用するには、利用条件というものがあり、その利用条件の審査が行われ、利用条件の審査をパスした人だけが、法テラスを利用することができます。

 

 

では、その利用条件とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

以下に、その法テラスの利用条件を列挙します。

 

 

収入や資産が一定額以下に収まっているという利用条件をクリアしていること。

 

 

勝訴の見込みがないとはいえないという利用条件をクリアしていること。

 

 

民事法律扶助の趣旨に適しているという利用条件をクリアしていること。

 

 

ざっくり挙げると上の3つが主な法テラスを利用できるか否かの判定基準となる利用条件です。

 

 

これらの利用条件の審査を行ってすべてクリアしていたら、法テラスの利用が可能になるということです。

 

 

 

自己破産に法テラスを利用する際のデメリットについて

さて、ここでは、法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産に法テラスを利用する際のデメリットは何か?を考察していきます。

 

 

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者が、自己破産に法テラスを利用する際のデメリットとして最大のものは、おそらく「利用条件の審査に時間がかかる」という点でしょう。

 

 

法テラスの利用条件に適合するような経済的に困窮した多重債務者の場合には、債権者からの督促や取り立てに追われてる人がほとんどでしょう。

 

 

このような多重債務者は一日でも早く、債権者の督促から逃れたいものです。

 

 

しかし、法テラスにおいては、利用条件の審査に約2週間ほども時間がかかってしまいます。

 

 

この利用条件の審査期間には、弁護士が正式に介入することができないので、実質、債権者の督促や取り立ては止むこと無く続きます。

 

 

多重債務者にとって、この督促行為が最もストレスとなるので、これがしばらく続くという点は大きなデメリットと言えます。

 

 

 

まとめ

法テラスのアレコレを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

借金地獄で、今現在苦しんでいて、自己破産したいけど、費用が・・・と二の足を踏んでいる人は、是非とも法テラスの費用立替制度をご一考されると良いと思います。

 

 

法テラスはそもそも経済的に困窮した人でも法律的な支援を受けられるように門戸を開放している機関です。

 

 

まずは、無料相談を受けてみましょう!