国から報酬が保証されている無料相談!

国から報酬が保証されている無料相談!

自己破産,無料相談

生活苦などから、毎月あちこちに借金を重ねて、それが積もり積もって債務超過になってしまった場合−。

 

 

このような多重債務者は、もはや自力で借金の返済を行うことができない悪循環に陥ってしまい、何らかの法律的な解決策を採らないと、借金地獄から抜け出せなくなってしまいます。

 

 

一般的にはこのような多重債務者は、自己破産を選択します。

 

 

数ある債務整理の手段の中でも、自己破産であれば、自己破産が成立するとともに、問題がない限りは同時に免責許可が受けられるからです。

 

 

免責許可とは、債務の返済を全部免除されることであり、乱暴な言い方をすれば、合法的に借金をチャラにできるのです。

 

 

自己破産を考えるほどの多重債務者は、経済的に困窮していて、生活もギリギリまで追い込まれた厳しい状況です。

 

 

このような多重債務者が、泥沼ともいえる借金地獄から抜け出すための最後の方策が自己破産となるわけですが、こういう多重債務者だからこそ自己破産を敢行する際にネックになることがあります。

 

 

それはやはりお金の問題です。

 

 

通常自己破産の申し立て〜自己破産手続きといったプロセスは、債務者自身でもやることこはできますが、法律の素人である債務者本人には非常に困難なハードルの高さです。

 

 

ですので、普通は、代理人として弁護士に自己破産を依頼するのが一般的です。

 

 

法律の専門家である弁護士であれば、確実に迅速に、要領よく自己破産を進めて、最終的に免責許可を勝ち取ってくれるからです。

 

 

ですが、この自己破産を弁護士に依頼する際の弁護士費用は、一般的な相場で40〜60万円という高額な費用がかかります。

 

 

加えて、自己破産を申し立てれば、裁判所に、予納金などの費用を納めなくてはなりません。

 

 

このような高額の費用、普通に考えて、経済的に切迫しまくっている多重債務者に用意することは不可能です。

 

 

更に、多重債務者が自己破産を弁護士や司法書士に相談する場合には相談料がかかります。

 

 

お金の無い多重債務者は、この相談料を支払う余裕すらないのが普通なので、内心、自己破産しなきゃ!と思っても具体的なアクションを起こすのに二の足を踏んでいる多重債務者は多いのです。

 

 

しかし、自己破産を考えて、法律事務所のサイトなどをネットサーフィンしていると、「無料相談実施中!」とか「まずは、お気軽に無料相談まで」などのキャッチコピーをよく目にするはずです。「

 

 

この無料相談とは何なのでしょうか??

 

 

ここでは、以下に、法テラスなどの無料相談について詳しく掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

法テラスは依頼者ばかりでなく、弁護士や司法書士にもメリットがある

多重債務に苦しんで、自己破産を考えているけど、弁護士費用はもとより、法律事務所への相談料さえないと、二の足を踏んでいる債務者の方−。

 

 

法テラスのことは知っていますか?

 

 

法テラスとは、正式な名前を日本司法支援センターといい、国の設置した法務省管轄の機関です。

 

 

法テラスの設置理由としては、主に、一定所得額に満たない低所得者層や貧困層の人々にも、法律的サービスの数々が受けられるようにするためです。

 

 

借金地獄に苦しみ、経済的に困窮を極めて借金地獄から脱出するのに、最後の手段として自己破産をしたいと切望している人は、是非ともこの法テラスを利用していただきたいと思います。

 

 

この法テラスの最大のメリットとなる点としては、「民事法律扶助制度」が挙げられます。

 

 

民事法律扶助制度には、依頼者が法テラスに自己破産を依頼した場合に、その依頼された法テラスの選任する弁護士に支払われる弁護士費用(報酬)などを、法テラスが、依頼者に代わって立て替えて支払ってくれる制度があります。

 

 

これらを「費用立替制度」と言いますが、これは弁護士費用のみならず、自己破産の際に裁判所へ納めなくてはならない予納金も20万円までなら、法テラスが立替て支払ってくれるのです。

 

 

依頼者(債務者)は、これらの費用を返済するのは、自己破産が成立し免責許可を受けてから2ヶ月以上経ってからでいいのです。

 

 

しかも、その支払い返済額も、月々5000〜10000円程度という無理のない金額になっており非常に良心的です。

 

 

加えて、法テラスの民事法律扶助制度の大きなメリットとして、「法律相談援助制度」による無料相談があります。

 

 

これは、法テラスの相談センターにおいての無料相談だけではなく、全国の法テラスと法律扶助契約を結んだ弁護士や司法書士の在籍する法律事務所であれば、どこでも実施できる無料相談であります。

 

 

この無料相談は30分までなら相談が無料になるというサービスです。

 

 

これらの無料相談は、費用立替制度とはまた別で、本当に無料なので、後から相談料を返済する必要もありません。

 

 

このメリットによって、経済的に極限まで困窮して1円の余裕もない多重債務者でも、自己破産に関する無料相談を法律の専門家から受けることができ、大変有意義です。

 

 

 

無料相談とはいっても、弁護士や司法書士には国から報酬が保証される!

自己破産,無料相談
経済的に困窮しまくって自己破産を考えている多重債務者にとって、これら、法テラスの法律相談援助制度による、無料相談を受けない手はありません。

 

 

ですが、この法テラスの無料相談、本当に無料なのでしょうか?

 

 

相談者(債務者)にとっては、完全に「無料」なのは間違いありません。

 

 

相談者は、この無料相談を受けるのに、法テラスの相談センターであっても、法テラスと法律扶助契約を結んでいる弁護士や司法書士のいる法律事務所であっても、無料相談にかかる相談料は支払う必要はありません。

 

 

しかし、相談を受ける側である弁護士や司法書士にとっては厳密な意味で「無料」ではありません。

 

 

つまり、ボランティアの無料奉仕ではないということです。

 

 

法テラスの法律相談援助の一環として無料相談を行った弁護士や司法書士は、法テラスに申請書を送りつければ、法テラスから、5400円の相談料が振り込まれるシステムとなっているのです。

 

 

無料相談は通常30分なので、時間給に直せば時給10800円が支払われることになります。

 

 

つまり、法律事務所は、相談者から相談料を貰わないだけで、法テラスから相談料を貰っているというわけです。

 

 

このようなシステムの上に無料相談は成り立っているので、相談者も怪しむことなく臆することなく、自己破産に際しては堂々と法テラスの無料相談を利用すれば良いと思います。

 

 

とはいっても、法テラスに提出するこのような無料相談の申請書を作成するのは結構煩雑で面倒であるため、法律事務所によっては、これぐらいはサービス業務と考えて純粋に無料相談を行っているところもあるので一概には言えません。

 

 

無料相談はあくまでも入口のとっかかりとして利用しましょう!

このように、法テラスの民事法律扶助制度は、経済的に切迫した多重債務者にとってはまたとない助けとなる制度だと言えると思います。

 

 

特に自己破産に向けてはじめの一歩が踏み出せていない多重債務者にとっては、無料相談はありがたい制度です。

 

 

ですが、ここで肝に銘じておかなくてはいけない点もあります。

 

 

それは、無料相談で何もかも決まると過大視しないことです。

 

 

実は、無料相談というのは、弁護士や司法書士からしても結構な鬼門でありトラブルの発生する確率も高いのです。

 

 

なので、危機回避マニュアル的に、無料相談においては、法律事務所の側は、断定的な回答は極力避けてきます。

 

 

なので、「弁護士が何も決めてくれなくて頼りない」とか過大な期待を抱かないことです。

 

 

無料相談においては、弁護士はリスク回避のために断定的な回答は一切してくれません。

 

 

あくまでも、自分の現在置かれた状況をできるだけ正確にまずは法律のプロに理解してもらう、ぐらいの感じで臨むのが丁度良いです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

経済的に本当に追い込まれた多重債務者が債務整理の最終手段として自己破産を行う場合、法テラスは何よりも強い味方になることはご理解いただけたと思います。

 

 

まずは、無料相談を受けに行くところから始めましょう!