人生を左右する自分に合った弁護士の探し方のポイント

人生を左右する自分に合った弁護士の探し方のポイント

弁護士,探し方,ポイント

様々な事情からやむなく借金をあちこちに作ってしまい、それが積もり積もって、債務超過に陥って、借金でクビの回らない借金地獄へ−。

 

 

このような多重債務者は後を絶ちません。

 

 

こうなってしまうと、自力で借金を返済していくことは不可能になってしまい、何らかの債務整理などの具体的な法的方策を取るしかこの借金地獄の泥沼から脱出する術は無くなってきます。

 

 

とりわけ、債務整理の最終手段と称される自己破産は、その成立とともに、問題が無ければ同時に免責許可を受けることができるので、多重債務者にとっては最も有効かつ強力な救済手段となります。

 

 

免責許可とは、ぶっちゃけて言えば、合法的に借金を0にすることができる、という意味です。

 

 

しかしこの自己破産、法律の素人である債務者本人がやるにはちとハードルが高すぎます。

 

 

裁判所への自己破産の申し立てから、破産手続き、諸々の提出書類の作成や、裁判所とのやり取りなど、あまりに法律的知識が必要でかつ煩雑だからです。

 

 

そこで、一般的には、多重債務者が自己破産をする場合には、法律のプロである弁護士に依頼することがマジョリティーのやり方です。

 

 

弁護士は法律の専門家なので、自己破産の手続きにおいても裁判所との交渉においても、そのポイントがよくわかっていて、債務者本人が行うのとはすべてにおいてレベルが違います。

 

 

弁護士は、一連の自己破産の申し立て→破産手続き→自己破産宣告&免責許可決定までのプロセスにおいて、要領よくポイントを熟知した進め方を行い、何より迅速です。

 

 

しかも自己破産において、最も肝心なポイントである免責許可決定を受けられる確率が、弁護士に依頼すれば格段にアップするのです。

 

 

という事情から、自己破産を実際に考えなければならないほど経済的に追い込まれてお金のない状態の多重債務者であっても、無理して高額の弁護士費用を支払ってでも、弁護士に依頼するわけなんです。

 

 

この免責許可を受けられるかようにする弁護士か?否か?で、債務者の人生を大きく左右しかねない大問題だからです。

 

 

とはいえ、一般的には、人生において弁護士とは無縁の生活を送ってきた人がほとんどだと思います。

 

 

日常的に弁護士と関わる一般的なイベントといえば、離婚で揉めた際の離婚調停であるとか、親や親族が亡くなった際の遺産相続問題ぐらいでしょう。

 

 

このようなことで、仲良くしている弁護士のいる人は別にして、それ以外の人は、自己破産を依頼したいけど、どういう探し方をして自分に合う弁護士を探せばいいものやら、迷うことでしょう。

 

 

ここでは、以下において、多重債務者が自己破産を決意した際のより良い弁護士の探し方やそのポイントなどについて掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

弁護士の色んな探し方とそれぞれのポイント

自己破産を依頼する弁護士を見つけようとする際には、色んな弁護士の探し方が存在します。

 

 

まず、最もポピュラーな弁護士の探し方は何といっても、ネットで検索しての探し方だと思います。

 

 

ネットで検索して、弁護士のいる法律事務所の公式サイトをチェックする場合の、ポイントが幾つかあります。

 

 

ここでは、以下に、そのチェックポイントについてざっくりと列挙していきたいと思います。

 

 

自己破産(債務整理)の実績がちゃんと公式サイトに掲載されているか?

その法律事務所の公式サイトを検索したら、まずそのサイトに、自己破産をはじめとした債務整理の実績をキチンと掲載しているかどうかをチェックしてみることがポイントです。

 

 

もし万が一、この自己破産の実績が掲載されていない事務所であれば、そこの弁護士は、自己破産や債務整理の案件が苦手だという判断を下して構いません。

 

 

そして、一般的に、自己破産の案件や債務整理の案件の実績を多く載せていればいるほど、自己破産に強く、信頼できる法律事務所と考えて良いと思います。

 

 

これは公式サイトを利用した弁護士の探し方における大きなチェックポイントになると思います。

 

 

弁護士および司法書士の有資格者の多く在籍している法律事務所を選ぶのがポイント

ネットを利用して、自己破産問題に強い弁護士を探す探し方の注意点、チェックポイントとして、弁護士や司法書士といった有資格者が何人在籍しているかをしっかりとチェックすることです。

 

 

このことは、無料相談を含めて、諸々の対応を、無資格の事務員やスタッフに任せられるリスクを抑える効果を持ちます。

 

 

ひどい法律事務所では、有資格の弁護士は一人しかおらず、あとは全員無資格の事務員やスタッフなんてところもあるからです。

 

 

ですから、ネットで使える弁護士、自己破産に強い弁護士を見つける探し方においては、このチェックポイントは必ず頭に入れておいてください。

 

 

 

費用に余裕のない人に最適な弁護士の探し方である法テラスの利用について

弁護士,探し方,ポイント
自己破産をリアルに考えるほど追い込まれている多重債務者は、経済的に困窮しているのが当たり前であり、1円の余裕もないのが普通です。

 

 

当然、自己破産を決意し、その手続きを円滑かつ迅速かつ確実に行うために、法律のプロである弁護士に依頼したいわけですが、その支払う弁護士費用が用意できない−。

 

 

このようなことは多々あると思います。

 

 

経済的にまったく余裕がなく追い込まれた多重債務者が、弁護士に自己破産を依頼できるような弁護士の探し方ってあるんでしょうか?

 

 

このような人にピッタリの弁護士の探し方があります。

 

 

それは、法テラスの無料相談を受けてみることです。

 

 

法テラスというのは、正式な名称を「日本司法支援センター」といいます。

 

 

法務省管轄の国が設置している機関です。

 

 

法テラスの目的は、一定以下の水準の所得の低所得者層や、経済的に困窮している貧困層の人々でも、日本国民であれば、法律支援のサービスが受けられるようにすることにあります。

 

 

そのため、自己破産を多重債務者が思い立った場合にお金が無くても済むように、法テラスの相談センターでは「無料相談」を3回まで受けられるようになっています。

 

 

これは、はじめの一歩を踏み出せるという意味においても非常にポイント高いと思いますね。

 

 

そして、この法テラスのシステムのポイントであり、最大のメリットであるのが、「民事法律扶助制度」です。

 

 

これは具体的に言えば、自己破産を法テラスに依頼した場合、それにかかる弁護士費用を、法テラスが立て替えて弁護士に振り込んでくれるというものです。

 

 

これを、「費用立替制度」と呼びます。

 

 

一般に自己破産にかかる弁護士費用は、だいたい40〜60万円が相場と言われてますから高額ですよね。

 

 

これを、お金の無い時期に立て替えてくれるシステムは非常に助かりますし、ポイント高いですね。

 

 

この費用立替制度は、自己破産手続きの際に裁判所に納める予納金にも適用され、20万円までなら立替が効きます。

 

 

お金に余裕のない経済的に追い込まれている多重債務者は是非、この法テラスを利用した弁護士の探し方を模索してみてはどうでしょうか?

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

自己破産を考えている多重債務者が、依頼する自分に合った弁護士を見つける探し方として、ポイントの高いメリットの大きい探し方を幾つか紹介してみました。