法律トラブルを解決するための法律相談のポイント

法律トラブルを解決するための法律相談のポイント

自己破産,法律相談,法律相談のポイント

ストレスや軋轢の多い現代社会においては、数々の法律トラブルが日常でも起こっています。

 

 

やれ離婚問題だ、やれ遺産相続問題だ、あなたの周囲でも、このよう法律トラブルで揉めてると言った話や噂はよく耳にするのではないでしょうか?

 

 

はたまた、車を運転していて接触事故を起こしたとか、不慮の事故や事件に巻き込まれたとか、想定外の法律トラブルが起こる確率も混雑したストレス社会では起こりがちです。

 

 

そして、最も身近にある法律トラブルとしては、借金問題があります。

 

 

生活が苦しいなどさまざまな事情から、アチコチに借金を重ねて、それがやがて積もり積もって債務超過となり、借金でクビが回らなくなってしまった人は後を絶ちません。

 

 

これらはやがて、月々の利息の返済すらままならなくなり、債務不履行という法律トラブルを引き起こします。

 

 

そうなると、もう完全にいわゆる借金地獄の状態となり、この多重債務者はもはや自力ではこの借金地獄からは脱出できない泥沼状態となってしまいます。

 

 

こうなった場合の最終手段が自己破産をして借金を0にするという方法です。

 

 

自己破産が成立すれば、免責許可を受けることができ、合法的に借金を返さなくて良くなるからです。

 

 

しかし、この自己破産の申し立てを裁判所に行って、自己破産手続きを進めていく工程は結構法律的知識も必要ですし、煩雑なので、法律の素人である債務者自身で行うのは難しいです。

 

 

ですから、普通は、多重債務者が自己破産をすると決定したら、法律の専門家である弁護士に依頼して、代理人として弁護士に自己破産手続きを丸投げする方法が一般的です。

 

 

でも、この自己破産を弁護士に依頼するやり方、お金の無い多重債務者にとって頭の痛い問題があります。

 

 

かなり高額だと言われる自己破産を依頼した時に弁護士に支払わなくてはならない弁護士費用がとても用意できないということです。

 

 

いや、もっと言えば、1円の余裕すらないほどお金の無い多重債務者は、そもそも弁護士に法律相談する際にかかる相談料すら支払えないということです。

 

 

普通の法律事務所のシステムとして、法律トラブルで弁護士に法律相談を受ける場合には、相談料がかかるからです。

 

 

では、どうしたらよいのでしょうか?

 

 

心配しなくても日本には、経済的に困窮した人々を法的に救済できるシステムがあります。

 

 

ここでは、以下にそのような、借金問題の法律トラブルを抱えて自己破産どころか、弁護士に法律相談を受けることさえ二の足を踏んでいる経済的に困窮した多重債務者のために考察を進めていきたいと思います。

 

 

 

法律トラブル解決に際しては、まずは、無料の法律相談を知ろう!

自己破産,法律相談,法律相談のポイント
通常、何らかの法律トラブルを抱えて、それを解決するために法律の専門家である弁護士のアドバイスを受けたいと、法律相談を受ける場合には相談料がかかることは普通です。

 

 

法律相談には当然相談料がかかります。

 

 

しかし、法律トラブルといっても、こと借金問題については様々なオプションもあります。

 

 

特に、借金地獄で苦しんでいるような多重債務者は、経済的に困窮し、生活は疲弊し、1円のお金の余裕もないのが普通なわけです。

 

 

このような切羽詰まった人々は、本当にこの借金地獄から抜け出すためには、自己破産をして免責許可を受け、借金を合法的にチャラにして、人生をやり直すしかありません。

 

 

しかし、自己破産を弁護士に依頼しようにも、その高額な弁護士費用を用意できるアテはありません。

 

 

一般に、自己破産を弁護士に依頼すれば、その報酬である弁護士費用は相場としてだいたい40〜60万円はかかるということです。

 

 

こんな高額の費用は、自己破産を決行しなくてはならないほど経済的に追い込まれている多重債務者に用意できるものではないと思います。

 

 

というより、そもそもその自己破産を弁護士に相談する席である、法律相談の相談料すら多重債務者には厳しい場合が多いわけです。

 

 

これじゃ八方塞がりじゃん!!

 

 

と諦めるのはまだ早い!

 

 

日本には、このように経済的に困窮して追い込まれた多重債務者を救済する機関とシステムが存在します。

 

 

それが法テラスです。

 

 

法テラスは、正式には、日本司法支援センターといって、法務省管轄の国設置した機関であり、日本全国にあります。

 

 

そして、この法テラスこそが、経済的に困窮して生活が疲弊した1円のお金の余裕もなく自己破産を考えている多重債務者の最後の救いなのです。

 

 

法テラスの、設置されている意義というのが、各種の法律トラブルに際して、一定額以下の所得の低所得者層の人々や、経済的に困窮した貧困層の人々であっても、ちゃんとした法律的な支援が受けられるようにというものだからです。

 

 

ですから、まず法テラスにおいては、自己破産などを考えている多重債務者が気軽に弁護士に法律相談を受けられるように、無料の法律相談を受けることが3回まで可能になっています。

 

 

この無料法律相談のシステムは、実は法テラスの相談センターだけではなく、法テラスと法律扶助制度の契約を結んでいる弁護士のいる法律事務所であればどこでも利用できるのです。

 

 

これによって、まったくお金に余裕のない相談料もないから二の足を踏んでいた多重債務者であっても、無料で弁護士に法律相談を受けて自己破産を話し合うことが可能ですよね。

 

 

そして、法テラスの特徴であり、最大のメリットともいえるシステムが、「民事法律扶助制度」というものです。

 

 

どういったものかといえば、自己破産を法テラスの弁護士に依頼した際にかかる弁護士費用を、法テラスが立て替えて弁護士に振り込んでおいてくれるというものです。

 

 

この費用立替制度は、弁護士費用だけでなく、裁判所に納めなくてはならない予納金にも20万円までなら適用されます。

 

 

しかも、この立替てもらった費用無利子であり、自己破産が成立して、免責許可を受けた2ヶ月後ぐらいから、月々5000〜10000円といった無理のない返済額で法テラスに返していけば良いので助かります。

 

 

無料の法律相談といい、法律扶助制度といい、法テラスは借金問題の法律トラブルを抱えた多重債務者の最後の駆け込み寺といってもいい存在だと思います。

 

 

 

法律相談に臨む際に事前に準備しておいた方がよいものとは?

無料の法律相談で、弁護士に自己破産を依頼できる機会を持つことができることは理解できましたよね?

 

 

では、法律トラブルを抱えた相談者が、この無料の法律相談で事前に準備しておいたほうが良いものとは何でしょうか?

 

 

以下にざっくりと列挙したいと思います。

 

 

・今現在抱えている法律トラブルを、何故そうなってしまったか?時系列ごとにわかりやすくまとめて書き出す。

 

 

・債権者を含む人物の相関図を見やすい形で作成して、簡単な経緯なども添えて書き出しておく。

 

 

・自己破産を進めていくうえで、どうしたいのか?といった具体的な以降と、自己破産後にどうなりたいのか?などの希望や弁護士への要望などを具体的に書き出しておく。

 

 

ポイントだけ上げると、ざっくりと上のような感じです。

 

 

要するに、法律相談の席で、弁護士にできるだけ簡潔にわかりやすく伝わるように、図式化したり文章でまとめた説明の書類を用意するということがポイントです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

お金の余裕のない多重債務者でも、無料の法律相談を受ければ自己破産を弁護士に依頼することできるのはわかったと思います。

 

 

更に法テラスの法律扶助制度のシステムを利用すれば、まったく弁護士費用が用意できなくても、立替制度によって、弁護士に代理人として自己破産を進めてもらえるということもわかりました。

 

 

ですから、法律トラブルを抱えている多重債務者は、まずは、事前に弁護士に説明する書類を揃えた上で、無料の法律相談を受けるのがベストでしょう!