借金返済が不可能になる前に!

借金返済が不可能になる前に!

 

借金返済

近年、ブラック企業やブラック労働などで、過酷な労働条件で働くことを余儀なくされる労働者の増大は社会問題になっています。

 

 

彼らは非常に低賃金でサービス残業なども当たり前のようにやらされ、保障もろくすっぽないような環境で働かなくてはなりません。

 

 

このような労働者は非正規雇用も多く、状況が変わればすぐに解雇されたりしてしまいます。

 

 

加えて近年の傾向として、奨学金を貸与して大学に行ったが、卒業後の就職した会社は低賃金でありそのため奨学金を償還していくことが困難になるといったケースも激増しています。

 

 

現代の日本において、実際には貧困問題はかなり深刻です。

 

 

貧富の格差が理不尽に増大し、ごく一部の企業や富裕層、保護された利権団体などは潤っているのでかりそめの好景気の基調を作り出しているせいで隠し通されていますが。

 

 

このような隠れた貧困問題が原因で、生活費も足りなくて仕方なく銀行のカードローンや消費者金融などで毎月借金を重ねざるを得ない人々は数多くいます。

 

 

そしていつしかこのような借金は債務超過状態となり、借金返済が不可能になってしまう債務者も多いのです。

 

 

こういった借金返済が不可能になってしまった債務者は、その際どうすれば良いのでしょうか?

 

 

借金返済が不可能になったからと言って、バックレてそのまま借金の支払いを放置してしまう債務者も一定数います。

 

 

このような人々は、「借金は、5年放置しておけば法律上、時効が成立してチャラにできる」などという俗説を信じた人たちです。

 

 

こういった債務者は、借金返済が物理的に不可能になったのをいいことに、夜逃げなどをして債権者の前から姿をくらまし、やり過ごそうとします。

 

 

借金の時効成立を狙ってのことです。

 

 

しかし、そんなに世の中甘くはありませんよね。

 

 

現実には、債務者が借金返済が不可能なのを口実に夜逃げなどで債権者の督促や取り立てから逃げれば、債権者は裁判を起こして債務者を告訴します。

 

 

告訴されれば時効など成立するわけもなく、それどころか、強制執行を受けて、財産や給料などの差し押さえを受けて終了です。

 

 

では、実際に借金返済が不可能だと判断される債務者はどう振る舞っていけば良いのでしょうか?

 

 

ここでは、以下で借金返済が不可能になった人々が具体的にどのようなアクションを起こして先に進んでいけば良いか?どうやって借金問題を解決していけば良いかを考えてきます。

 

 

 

不可能だと判断される借金返済では、まずは専門家へ相談

銀行や消費者金融などへの借金が限度額まで膨らんで、もはや借金返済が不可能だと判断される場合には、そのまま放置しておいたら自体は悪化する一方になります。

 

 

このように永続的に借金返済が不可能だと悟った時点で、債務者のとるべき行動は、法律事務所の無料相談を受ける!ということです。

 

 

自力で借金返済の方策を立てることは不可能です。

 

 

やはり、法律の専門家であり、このような案件に明るい弁護士や司法書士のいる法律事務所がサービスで行っている無料相談を受けてアドバイスをもらいことが賢明です。

 

 

必ず、具体的に借金問題を解決に導く個別の案件に見合った指針を示してくれるはずです。

 

 

とはいっても、実際に法律事務所の弁護士や司法書士に、借金返済が不可能になった経緯をぶっちゃけるものかなり抵抗があるものです。

 

 

なぜなら、借金返済が不可能になるまで借金を重ねた理由は極めてプライバシーに関することも多いからです。

 

 

中には、風俗などの遊興費が嵩んで借金を重ねてしまっている人や、ギャンブルにのめりこんでしまいその都度借金して、借金返済が不可能な状態にまで陥ってしまったというような人もいます。

 

 

このような債務者たちは自業自得とはいえ、このようなデリケートな事情を、面と向かって専門家と言えど打ち明けなくてはならないことはかなり恥ずかしいでしょう。

 

 

内心で弁護士や司法書士に蔑まれてバカにされたりするのではないか?という危惧も手伝ってハードルが高くなってしまうのです。

 

 

しかし、このような場合でも最近では安心して無料相談が利用できます。

 

 

なぜなら、この法律事務所の無料相談は匿名でも利用できるからです。

 

 

しかも、実際に法律事務所で弁護士と顔付き合わせて借金返済が不可能になった事情を説明しなくても、メールや電話で可能です。

 

 

ですから、借金返済が不可能になったと感じたら、まずは善は急げ、でこの法律事務所の無料相談を利用するのがベストでしょう。

 

 

 

自力で借金返済が不可能だと判断したら、自己破産等の債務整理を検討しよう!

借金返済
月々の借金の支払いが追い付かず、もはや自力で借金返済を続けていくことは不可能だと判断したら、もたもたしていたらいけません。

 

 

借金返済がこれ以上は不可能だと思った時点で、法律的な解決法しか方策はありません。

 

 

具体的に言えば、借金返済が不可能だと判断したら、債務整理を検討してください。

 

 

債務整理は、自分で返済可能な限界を超えてしまった場合、つまり、自力で借金返済が不可能になってしまった場合の借金問題の合法的な解決方法です。

 

 

一般的に、借金返済が不可能になってしまった人が採る債務整理の方法として有名なのは、自己破産だと思います。

 

 

自己破産は、合法的にすべての借金がチャラになる免責許可を受けることができる債務整理の最終手段です。

 

 

自己破産は借金を0にすることができるという強力な救済装置の代わりに、財産がある場合にはすべて没収され換価処分されて債権者に分配されなくてはなりません。

 

 

ですから、自己破産までいかないケースでは他の債務整理の方法を模索するのが一般的です。

 

 

自己破産の他の債務整理の方法としては、任意整理や特定調停、個人再生などがあります。

 

 

これらのどれが最も有効かは、その債務者のケースによって違ってきます。

 

 

借金返済が不可能だと判断した時点で、専門家に相談して最も適した債務整理の手段を教えてもらうのがベストだと思います。

 

 

 

借金返済が不可能になり債務整理する場合、弁護士と司法書士のどっちに依頼する方が良い?

借金返済が不可能になれば、債務整理を行うのが最良の策なのは前述した通りです。

 

 

この自己破産を含む債務整理を行う場合には、やはり法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼する方が遥かにスムーズに問題なく事が運びます。

 

 

ですが、迷う点があります。

 

 

このように借金返済が不可能になった場合には、弁護士と司法書士のどちらに債務整理を依頼する方が得策なのでしょうか??

 

 

結論から言えば、弁護士でも司法書士でもどちらでも構いません。

 

 

どちらが得策というようなことは一概には言えませんね。

 

 

それぞれ一長一短があります。

 

 

弁護士の長所は、「代理権」という特権が求められている点で、そのため、依頼者(債務者)に代わってすべての手続きを代行できるわけです。

 

 

仕事などが忙しく、手続きに手間も時間も割けない依頼者の場合には基本丸投げで事が運ぶ弁護士に依頼する方が適しているでしょう。

 

 

しかし、比較的時間もあり、債務整理の費用をできるだけ安く上げたいという依頼者(債務者)には、司法書士の方が良いでしょう。

 

 

一般に、司法書士の方が弁護士の費用より安価だからです。

 

 

しかし、そのようなことより最も大事な依頼する専門家を選ぶポイントは別にあります。

 

 

それは、「信頼できる相手である」ということです。

 

 

特に、自己破産の場合などは、通常半年〜1年という長丁場を、依頼した弁護士や司法書士と二人三脚で乗り切っていかなくてはなりません。

 

 

その際に最も大事なことは信頼関係になるわけですから。

 

 

 

まとめ

借金返済が不可能になった債務者は、具体的にどうやっていけば良いのか?を考察してきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

大事なことは、借金返済が不可能になっても借金問題から逃げ出さないことです。

 

 

そして、債務整理を検討し、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみることがまずはファーストステップになるということです。