交通事故の損害賠償債務は自己破産したらどうなるのか?

交通事故の損害賠償債務は自己破産したらどうなるのか?

 

自己破産,交通事故,免責

自己破産は債務整理の最終手段であり、一般的に自己破産すれば、すべて借金は0になると言われています。

 

 

自己破産の成立は通例、同時に免責許可決定を伴うからです。

 

 

では、この自己破産者が交通事故を起こしてしまった場合、その交通事故に対する損害賠償債務は免責になるのでしょうか?

 

 

自己破産には、実は、免責が認められなくなる非免責債権というものがあります。

 

 

交通事故の損害賠償請求権は、非免責債権になってしまうのでしょうか??

 

 

交通事故を起こすと、様々な損害に対する賠償が発生します。

 

 

まず、車が破損した場合には、修理代金や代車の費用などの物的損害賠償が生じます。

 

 

結論から言えば、交通事故でも物損事故の場合には、これらの修理代などの損害賠償債務は、自己破産によって免責されます。

 

 

これは、破産法253条1項3号に定められている非免責債権の条件の「故意又は重過失にもとづく生命・身体に対する損害賠償請求権」に該当しないからです。

 

 

物損の場合は、生命・身体に対してのものではないから免責されるのです。

 

 

物損事故の場合はそれでいいのですが、問題となるのは、その交通事故が人身事故の場合です。

 

 

人身事故で相手に怪我などを負わせた場合には、加害者に「重大な過失」があることが認められる場合に限り、その損害賠償債務は非免責債権となって免責されなくなります。

 

 

逆にこの交通事故が「単なる過失」であると認められれば、その損害賠償債務は免責されます。

 

 

ですから、自己破産者が交通事故を起こしてしまった場合、人身事故であれば、その過失の質が大きな問題となるということです。

 

 

では、実際に「重大な過失」に該当するような交通事故とはどのようなケースなのでしょうか?

 

 

ここでは、以下においてそれらの過失について考察を進めて、自己破産申請者はどのような心構えでいるべきなのかなどを考えていきたいと思います。

 

 

 

交通事故が「重大な過失」によって引き起こされたと認められる事例について

自己破産,交通事故,免責
自己破産者が交通事故を起こした場合、その交通事故が物損事故のみである場合なら、この交通事故に対する損害賠償債務は免責されます。

 

 

このことは、破産法の253条1項3号に定められている非免責債権の条件の「故意又は重過失にもとづく生命・身体に対する損害賠償請求権」に物損事故は抵触しないからです。

 

 

しかしこの交通事故が人身事故の場合には、その過失の種類によって大きく判断が異なってきます。

 

 

交通事故の損害賠償請求権に関する法律は、破産法に定められています。

 

 

これは非免責債権の一種として、「悪意で加えた不法行為にもとづく損害賠償請求権」(破産法253条1項2号)というのがあります。

 

 

この悪意というのは、わざとというだけではなく、積極的に相手を害してやろうという意図が認められるケースです。

 

 

よって、交通事故が人身事故である場合には、その過失の種類である「重大な過失」か「単なる過失」かが、損害賠償債務の免責を分けることになるわけです。

 

 

ここでは、以下に具体的に「重大な過失」と認められる事例について挙げていきたいと思います。

 

 

酒酔い運転や危険ドラッグなどを摂取しての運転

これは有無を言わさないレベルで「悪意のある不法行為」であり、「重大な過失」と認められるケースです。

 

 

無免許運転

「悪意のある不法行為」であり危険極まりないケースです。

 

 

大幅な制限速度オーバーや暴走などの危険運転

「悪意のある不法行為」の最たるもので、悪質性は最も高く、問答無用で「重大な過失」と認められるケースです。

 

 

これ以外にも、居眠り運転や、度を越した不注意な運転などの場合には、裁判官の判断によっては「重大な過失」だと認められるケースもあります。

 

 

 

交通事故を扱う交通裁判の判断イコール自己破産を扱う破産裁判の判断ではない

交通事故を裁く交通裁判では、一般的には刑事事件として、検察から起訴され、実際に懲役刑を食らったり罰金刑を受けたりすることも多くなります。

 

 

自己破産申請者が交通事故を起こした場合、交通裁判で、「危険運転致死傷罪」や「無免許運転」などの悪質性の高い罪だと判断されると非常にマズイ状況になります。

 

 

この場合には自己破産申請者はその後の民事裁判においても、「悪意のある不法行為」や「故意に匹敵する重大な過失」と判断されて、自己破産をしても非免責債権になる可能性は高くなります。

 

 

他方、自己破産申請者が交通事故を起こした際に、これが「過失運転致傷罪」に問われた場合には、その判断はかなり微妙なところになります。

 

 

その案件の背景にある事情や、被害者の怪我の程度などにもよりますが、その交通事故が単なる運転ミスや不注意によって引き起こされたと判断する場合には、「重大な過失」と認定される可能性は低いでしょう。

 

 

よって、この自己破産申請者はその後の民事裁判においても、悪質性は低いと判断され、自己破産すれば損害賠償債務は免責される可能性が高くなります。

 

 

とはいえ、交通裁判の判断と、自己破産を扱う破産裁判での判断はイコールではありませんので、あくまでも可能性が高くなるという程度に考えておいてください。

 

 

最終的に、自己破産に伴って損害賠償債務を免責にするのか?非免責債権となるのかは、最終的に裁判官の判断に委ねることになります。

 

 

 

自己破産申請者が危険運転や飲酒運転などをすること自体論外

ここまで、自己破産申請者が交通事故を起こしてしまった場合、特に人身事故の場合に、過失の質によって損害賠償債務の免責の有無が変わってくることを考えてきました。

 

 

ですが、そもそもまず絶対に肝に命じなくてはならないことがあります。

 

 

そもそも、借金に苦しみ経済的に極限に困窮して自己破産を申し立てるほどの多重債務者は、お金が無いために任意保険にすら加入していないケースも多いのです。

 

 

任意保険に加入していないということは、物損事故においても、損害賠償債務を免責されてしまうと、被害者は自分の保険で修理費等を負担しなければならず、泣き寝入りするしかありません。

 

 

とんだ災難ですね。

 

 

このような交通事故を起こした際に、ロクに補償すらできない任意保険にも加入していないドライバーはそもそも車に乗る資格すらないといって言い過ぎではないと思います。

 

 

ましてや、自己破産を申請するほどの債務者が、危険運転や飲酒運転などで自ら交通事故を引き起こして他人を巻き込むなどという事態は言語道断です。

 

 

重大な過失で非免責債権になる云々以前に、任意保険にも加入しておらず自己破産を考えるほどの債務者は、他人の100倍注意深く安全運転に努めてください。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

自己破産申請者が交通事故を起こしてしまった場合には、まず物損事故で済んだ場合には、自己破産すれば損害賠償債務は免責されます。

 

 

しかし、人身事故の場合には「重大な過失」によるものか「単なる過失」によるものかによって、損害賠償債務が免責になるかどうかが変わってくるというわけです。

 

 

いずれにしても、素人判断で動くより、まずは専門家に相談してみることが大事でしょう。