自己破産後に40代でも住宅ローン購入計画!

自己破産後に40代でも住宅ローン購入計画!?

自己破産,住宅ローン,自己破産後

ある信頼できる調査結果によれば、自己破産者が最も多い年代はあなたと同じ40代だそうです。

 

いわゆる「中年破綻」とも言われる近年特に日本で目立ってきているこの現象は、何故起こってくるのでしょうか?

 

「下流老人」という言葉が定着して久しいですが、この言葉の意味は、65歳以上の高齢者が、会社などを定年退職した後に、それまでの会社からの安定収入が途絶え、生活保護水準以下の年金暮らしを強いられている様をあらわした言葉です。

 

それに引き換え40代というあなたのような中年の働き盛りの年代に自己破産まで経済状況が破綻してしまう人々が多いというのは一体何故なんでしょうか??

 

これは、主に過重な住宅ローンが関係しているようです。

 

この40代、50代に多い自己破産のパターンとしては、まず結婚してしばらくして、夫婦共働きの時代に、家やマンションを数十年計画の住宅ローンで購入しているパターンが圧倒的に多いです。

 

これらのローンは、主にまだ20代後半〜30代前半時代の、奥さんが共働きで正社員だった時代のものが多いのです。

 

その後の生活の変化、出産・育児を機に奥さんが退社、その後働きに出ても、パートの安い時間給労働者となり、インカムの比率が、旦那さんに過度に偏ってきた場合。

 

しかも、年齢やキャリアを重ねている割に、旦那さんの収入は若い頃よりさほど増えておらず、支払いが厳しくなっていく一方という潜在要素があります。

 

そこへ加えて、高齢で身体の弱ってきた両親の介護や、成長した子供の大学進学資金や多額の教育費などが被さってくると、月々の住宅ローンを支払っていくことが困難になってくるのです。

 

こうした経緯で、40代の自己破産者が全体の中で最もおおいという現象が起こっているんです。

 

 

自己破産に年齢は関係ない!自己破産後のアナタ次第でどうにでもなる!

自己破産,住宅ローン,自己破産後
自己破産というのは、自己破産の申し立てをした本人だけの事案であり、基本、その他の家族には関係ありません。

 

ただし、もしもあなたの家族(主に自己破産者の妻・夫・親・兄弟など)が連帯保証人になっている場合はその限りではありません。

 

本人が自己破産が認められ免責になっても、保証人である家族は、免責になった債務者本人の代わりに借金を支払い続けなくてはならない義務が生じます。

 

このように、家族が連帯保証人になっている場合においては、家族への影響は大きくて、巻き込む形になってしまいます。

 

もしも、あなたがこういったケースに該当するならば、その保証人になっている家族も同時に自己破産手続きを行うことが必要です。

 

次に、40代の自己破産を考えているあなたの気になる点としては、

 

「自己破産が、子供の進学や就職に悪影響を及ぼすのではないか?」

 

という点です。

 

この点に関しては、家族に自己破産者がいることが合否の判定に響くような大学はありませんし、その点を調べることもありません。

 

就職に関しても、知り得る限りの職種において、家族に自己破産者がいるかどうかを調査する企業はありません。

 

あなたは、その点については、安心して良いと思います。

 

要は、40代でやむなく自己破産という選択肢をとったとしても、その後、しっかりと立て直していく!

 

家族へもこれ以上迷惑をかけずに生きていこう!と、意欲的に経済状態を再生させることが、あなたにとっては大事なんです。

 

 

自己破産後は苦しくても懸命に頭金の貯金に励め!?

自己破産,住宅ローン,自己破産後
40代で自己破産してしまったケースの中でほとんどのケースに、「ローン破産」と言っても良いような、持ち家のローン支払い中の経済破綻があります。

 

自己破産後は、当然家は破産管財人によって資産として没収されます。

 

その後は、苦労して賃貸契約を結び、なんとかアパートや賃貸マンションなどで生活をやり直すケースがほとんどです。

 

とはいえ、人間は未来に希望を失ったら生きていけない生物なので、今は仮住まいであっても、いずれは、またマイホームを!

 

と、将来の住宅購入を夢見ながら、日々がんばっていくわけです。

 

あなたもそうだと思います。

 

あなたの心得として、まず必要なのは、あなたの自己破産歴(情報)は、銀行系の信用情報機関であるKSC(全銀協)に最低10年間は残るということです。

 

ですから、あなたは、まず10年間、歯を食いしばって耐えて頑張ってください!

 

その間に、あなたはできるだけ、具体的な10年後の住宅ローンの青写真を描いておくことです。

 

無理のない、もう何があっても失敗しない、破綻しない、ローン計画であるべきです。

 

また「多少無理をしててでも、10年間は生活を切り詰めて、マイホーム購入の頭金を貯金しろ!!」

 

ということです。

 

そのためには、あなたが仕事で頑張って収入を増やすことは勿論ですが、奥さんにもパートでも良いから少しでも稼いでもらって収入のサポートをしてもらうことです。

 

そして、夫婦で、これまでの家計簿(バランスシート)を見直し、無駄な支出を大幅にカットする努力が必要です。

 

更に、車など通勤や移動に必要なものであっても、もしも公共交通機関で代用できるレベルの地方であれば、処分することです。

 

あなたが地方の方で、車は足代わりというエリア住いなら、車を次から買う場合には、「走れば十分」ぐらいの安価で簡素な中古車にすべきでしょう。

 

無駄に高価な車を買っていた場合には、ただちにその姿勢から正していかなければ、あなたはまた同じあやまちを繰り返すことになります。

 

あと、これは言わずもがなで、論外ですが、あなたがもしパチンコなどのギャンブルをやっている場合には即刻止めるべきです。

 

驚くべきことに、40代などの中高年の自己破産者の中には結構な高確率で、パチンコで数百万、数千万の負債を作ったというギャンブル依存症が引き金になっているケースが多いのです。

 

 

頭金と住宅ローンの支払を設定しよう!

自己破産,住宅ローン,自己破産後
あなたが40代で自己破産しても、10年後にまたマイホーム購入のプランを見据えて日々生活していくことはとても大事です。

 

前項でも言った通り、あなたが自己破産後の10年間で、「いかに頭金を貯めていけるか」というところが、10年後に住宅ローンを組めるかどうかのポイントにもなってきます。

 

というのは、住宅ローンを組む際に、住宅購入総額の最低20〜30%の頭金をあなたが用意していない場合には、銀行やローン会社は住宅ローンの審査を通さない確率が非常に高くなるからです。

 

住宅購入資金の最低20%の頭金というのは、実は銀行やローン会社に取っての損をしないためのリスクヘッジに最低必要な金額なのです。

 

ですから、この頭金を用意しているかいないかで、審査におけるあなたの住宅ローンの組みやすさが大きく変わると覚えておいてください。

 

次に、あなたは、できるだけ多くの頭金を用意して、住宅ローンを組むことができた場合の、具体的なバランスシート、いわゆるライプラン表を作成します。

 

そして、月々具体的にどれくらいの支払いなら、破綻せずにイレギュラーな場合でも支払っていけるかをできるだけ具体的に細かくシミュレートしていくべきでしょう。

 

この際には、実際にあなたの月々の生活費の具体的な額、月々の教育費の具体的な額、月々の住宅ローンの具体的な支払額、すべてを計算して試算金額も出るように作ると良いです。

 

 

自己破産後に40代でも住宅ローン購入計画のまとめ

自己破産,住宅ローン,自己破産後
このように、あなたが40代で自己破産しても、その後の緻密な再生計画を立てて経済を立て直せば、10年後には、マイホーム購入へと階段を駆け上がることも可能です。

 

そのためには、今現時点で、八方塞がりで、自己破産を迷っている40代の「中年破綻」に直面しているあなたは、迷わずに、専門家に相談することをオススメします。

 

こういった自己破産問題を専門分野として得意としている法律事務所は、結構あります。

 

あなたのやるべきことは、このような事務所ををネット等で十分精査したうえで、百戦錬磨の弁護士にできるだけ詳細に現状説明と、今後どうしていきたいのかを具体的に話して、相談を受けるのがベストでしょう。

 

あなたに必要な自己破産の手続きをいち早く検討し、提案・実際の手続きへと移行してもらえます。