自己破産すると心配なのが家族であるペットの存在!どうなるの?

自己破産すると心配なのが家族であるペットの存在!どうなるの?

 

自己破産,ペット

色んな事情から借金を重ねていつの間にかそれが膨らみ債務超過−。

 

 

こうなると自分の力では返済が不可能になってくるケースがほとんどでいわゆる借金地獄が始まります。

 

 

この段階になると、生活も破綻してきますので、もはや法的な解決策を採らなければ借金問題は永久に解決できない末期症状になってきます。

 

 

そこで、多くの場合には債務整理の最終手段である自己破産を選択します。

 

 

自己破産すれば、余程問題があるケースでない限りは、同時に免責許可を受けることができるからです。

 

 

免責許可は簡単に言えば、合法的に現在ある借金全てをチャラにできるといった特例措置であり、これによって借金で身動きの取れない多重債務者であっても、人生をやり直す機会が与えられるのです。

 

 

自己破産を申し立てると、資産(財産)の有無によって、大きく2つに振り分けられて、自己破産の手続きが進んでいきます。

 

 

特に資産が無い自己破産申立人の場合には、同時廃止事件で、自己破産申立人に換価処分できる資産があると認められる場合には、管財事件に振り分けられます。

 

 

後者の管財事件に振り分けられると、自己破産を申し立てた債務者の資産(財産)は裁判所の選任した破産管財人によって差し押さえられ、換価処分されて債権者たちに分配されます。

 

 

通常、持ち家を所有していたり土地を所有して居たり、車や宝飾品、保険などの金融商品に至るまで、価値があると見なされる資産があれば裁判所に没収されるのが管財事件です。

 

 

それでは、犬や猫などのペットを自己破産申立人が飼っている場合はどうでしょうか??

 

 

これらのペットも、差し押さえて換価処分すべき「資産」として裁判所に見なされてしまうのでしょうか?

 

 

また、牛や豚、鶏などの家畜を飼っている場合にはどうでしょうか?

 

 

これらの家畜も「資産」と見なされるのでしょうか?

 

 

ここでは、以下において、自己破産を申し立てた債務者がペットや家畜などの動物を飼っている場合に裁判所に取り上げられてしまうのか?を中心に考えていきたいと思います。

 

 

 

基本的にペットは没収は受けない!

現代の日本人は、このストレス社会において、常に心を癒せる何かを求めている人が多くなっています。

 

 

犬や猫などのペットを飼うこともまさにそういった現代人の大きな癒しとなっており、飼い主にとってペットの動物はまさに家族の一員です。

 

 

こういう犬や猫などを飼っている債務者が、借金地獄に耐え切れずに自己破産を申し立てた場合、このペットちゃんたちは裁判所に「資産」と見なされて差し押さえられてしまうのでしょうか?

 

 

結論から言えば、いくら高額な犬や猫がペットであったとしても、自己破産申請をした際に裁判所に没収されたり競売にかけられたりするようなことはありません。

 

 

それは、裁判所のペットに対する考え方が、物であるという「資産」ではなく、自己破産申立人の家族の一員であり「命」であるというものだからです。

 

 

動物愛護の目線が、ペットには注がれていると考えてください。

 

 

ですので、ペットを飼っているから自己破産の申し立てをしたら資産としてペットが取り上げられるのではないか?と危惧している債務者の方は安心して良いです。

 

 

 

家畜的な動物は、「家畜」として飼っているか?「ペット」として飼っているか?が問題

自己破産,ペット
犬や猫などの明らかなペットは、自己破産申請しても「命」として扱われ、裁判所も没収したりしない、ということはわかりましたが、では、他の動物たちはどうででしょうか?

 

 

たとえば、豚や牛、鶏や馬といった一般的には「家畜」として飼育されるのが当たり前の動物たちは裁判所はどのように扱うのでしょうか?

 

 

実は、ペットと家畜には明確な定義の差異が存在しています。

 

 

それは、「売却を含む処分を前提として飼っている」動物であれば、「家畜」であり、処分を前提とせず基本的に死ぬまで面倒を見続ける動物は「ペット」です。

 

 

裁判所も基本的にはこの理念に沿って物事を見ていきます。

 

 

 

牛や豚などの家畜的な動物であっても純粋に「ペット」して飼われているケース

仮に、牛や豚、鶏といった一般的には家畜として飼育するのが普通の動物であったとしても、自己破産を申請した飼い主が「ペット」として純粋に飼っていた場合には、裁判所もペットの扱いをします。

 

 

つまり、「売却を含む処分を前提とせずに」牛や豚などの家畜的な動物を家族の一員のペットとして自己破産申立人が飼っているようなケースです。

 

 

この場合には、裁判所はこれらの家畜的動物であっても、犬や猫の場合と同様に家族の一員であるペットと見なしますので、取り上げられることも競売にかけられることもありません。

 

 

「家畜」として飼っているケース

牛や豚、鶏や馬などを、「売却を含む処分を前提として」飼育している自己破産申立人の場合には、それらの動物は家畜と見なされます。

 

 

この場合には、ペットとは違い、これらの動物は「資産」と見なされ、裁判所に没収されて競売などにかけられ売却処分されます。

 

 

資産だからです。

 

 

家畜としてこれらの動物を飼っている自己破産申立人とは、具体的には、畜産業者や養豚業者、養鶏業者など、家畜である動物を売却処分することによって利益を得ている人たちのことです。

 

 

これらの人たちが自己破産を申し立てれば、破産管財人が「資産」である家畜動物たちを差し押さえるので覚悟しておきましょう。

 

 

 

家畜として飼っているのにペットとして虚偽申告したら最悪逮捕!

以上で述べたように、自己破産を申し立てた際に、債務者がペットとして動物を飼っている場合なら、おとがめなしなのに、家畜として動物を飼っている場合には資産として家畜が差し押さえられることがわかりました。

 

 

このような事情があるからか、実際には「売却などの処分を前提として」家畜を飼っている畜産業者などが、「あの動物はペットとして飼っている!」と虚偽の申告をして没収を免れようとするケースがあります。

 

 

こういった見え透いたウソは、百戦錬磨の裁判所や破産管財人にはすぐにバレます。

 

 

当たり前です。

 

 

調べれば一発です。

 

 

このような愚かな虚偽の申告を行えば、せっかく自己破産を申し立てた主な目的である免責許可が下りないリスクが高まります。

 

 

それだけでは済まない場合まであります。

 

 

最悪のケースは、「財産を隠匿した」ということで、詐欺破産罪や、説明義務違反といった破産法の条項に抵触するとして、逮捕されてしまうことがあるのです。

 

 

ですから、いくら家畜を没収されたくないからといって、このような割に合わないバカげた虚偽の申告はやらないと肝に銘じておくことです。

 

 

 

まとめ

自己破産を申し立てる際に、ペットや家畜を飼っているケースではどうなるのかを探ってきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

同じ動物を飼っている場合でも、ペットである時と、家畜である時は、裁判所の考え方や扱い方がまったく違うことがわかりましたね。

 

 

犬や猫などのペットを家族の一員として飼っている債務者の人はひとまず安心して良いと思います。

 

 

自己破産申請しても、ペットであれば資産として差し押さえられて取り上げられることは、まずないでしょう!