自己破産した場合の彼女の影響とは?

自己破産した場合の彼女の影響とは?

自己破産,彼女

自己破産する人には、実に様々な種類の人がいます。

 

 

独身者、家族持ちの一家の主、老後破産、奨学金破産など、いろいろな立ち位置の人が自己破産しています。

 

 

そんな中で、独身男性の自己破産者で、彼女(恋人)のいる自己破産を考えている債務者もいるでしょう。

 

 

累積してしまい債務不履行を起こすほど、もはや自分の力では返済が不可能になって自己破産して免責許可を受けるしか手段がない!と追い詰められた時−。

 

 

そんな時、彼女の存在が脳裏にチラついてしまうのではないでしょうか??

 

 

自分が自己破産することで、彼女の影響はどうなのか?

 

 

大きな迷惑が掛かってしまうのではないか?

 

 

そのようなマイナス思考ループに嵌ってしまうと、自己破産によって生じる彼女の影響を考えて、どうしても自己破産を躊躇してしまいがちです。

 

 

よく聞く噂としては、彼女の影響として、自己破産を裁判所に申し立てると、裁判所に彼女の収入証明や、貯金通帳のコピーの提示を求められるというような話があります。

 

 

この場合、彼女の影響として、例えば彼女の給料が差し押さえられるみたいなことはあるのでしょうか??

 

 

ここでは、以下に、自己破産を申し立てる際の彼女の影響について、掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

自己破産すれば、彼女の影響はどのようなものがあるのか?

債務超過に陥り、もはや自己破産して免責許可を受けなければ、借金問題を解決することは不可能となった場合、債務者に彼女がいる場合は、その彼女の影響というのはどういったものがあるのでしょうか?

 

 

結論から先に言ってしまえば、債務者にただ彼女がいるというだけでは、自己破産してもその彼女の影響は何もありません。

 

 

当然でしょう。

 

 

彼女(恋人)とはいっても、法的に戸籍を共にしているわけでもなく、縁戚関係でもないただの赤の他人です。

 

 

友人たちと同じように、ただ彼女というだけでは、彼氏が自己破産したからと言って、彼女の影響として何か責任を負担しなくてはならない、などということは法的にはあり得ないのです。

 

 

それに、自己破産の考え方として、責任はあくまで自己破産手続きをする債務者本人が負うものだからです。

 

 

ただし、彼女の影響というものではないですが、彼女に自己破産の手続き上協力してもらわなければならないケースもあります。

 

 

それは、彼女と同棲生活などの同居をしているケースです。

 

 

この場合に限っては、自己破産を申し立てた裁判所に提出する必要書類の作成などで彼女に協力を得なければならない可能性も高くなります。

 

 

更に、債務者の管轄の地方裁判所によっても多少の違いはあるのですが、裁判所から、彼女の貯金通帳のコピーや収入証明書、資産状況説明書や保健証書のコピーに至るまで提出を求められることがあります。

 

 

この彼女と同居しているケースに限り、彼女の影響として、書類作成や提出の協力を求めることが必要になってきますね。

 

 

 

彼女の影響を憂慮するあまり、必要書類の提出を拒否すれば??

このように債務者にただ彼女がいるというだけでは、自己破産の申し立てをしても、彼女の影響は特に何もありませんが、同棲や同居で生活を彼女とともにしている場合には話が違います。

 

 

その場合には、前述のように、裁判所に提出する書類の作成に彼女の協力が不可避になったり、彼女の収入証明や貯金通帳のコピー等の提出を求められたりするわけです。

 

 

このような彼女の影響を憂慮する男性債務者の中には、自己破産を申し立てても、彼女に自己破産を打ち明けるのが嫌で、必要書類の提出を拒む人も一定数いるそうです。

 

 

このように書類の提出を拒否しても、自己破産成立は可能なのでしょうか??

 

 

結論から言えば、裁判所に必要書類の提出を拒んだ時点で、自己破産手続きはストップします。

 

 

一切前に進まず、いつまでたっても自己破産は成立しませんし、免責許可も受けることはできません。

 

 

まあ、当たり前の話ではありますが・・・。

 

 

ですから、この場合には、腹を括る必要があります。

 

 

思い切って、借金の状況を彼女にすべて話し、それを解決するためには自己破産して免責許可を得るほかにない、と理解と協力を得るべきです。

 

 

彼女の影響を過度に恐れる男性というのは、要は、このことによって彼女との関係が終わってしまうのではないか?彼女に逃げられるのではないか?を恐れている人です。

 

 

ここでは、自己破産で彼女が逃げるのならそれでもいい、借金問題を解決することの方が、人生にとって遥かに重要な事案だと悟ることです。

 

 

自分にとっての優先順位を知るべきです。

 

 

実は、裁判所が彼女の収入証明や貯金通帳のコピー、資産状況説明書や保険証書の写しの提出を求める目的は、別に彼女に借金の肩代わりをしてほしいからではないのです。

 

 

その目的とは、債務者と彼女の生計が完全に別々になっているのか?債務者本人の資産が彼女に渡っていないか?(資産隠し)をチェックするためです。

 

 

ですから、同居している場合でも特に疾しいことをしていなければ、自己破産しても、彼女の影響はありません。

 

 

 

彼女がいる場合に、自己破産する最善の方法について

結局、何か不正な資産隠しや名義の書き換えなどをやっていない限りは、自己破産したとしても彼女の影響はないわけです。

 

 

ここで、彼女がいる場合に自己破産する最善の方法について総括しておきたいと思います。

 

 

1.どうしても彼女に自己破産を知られたくない場合

この場合には、まず絶対に彼女と同棲などの同居をしないこと。

 

 

生活を共にしないことです。

 

 

もしも、彼女と同棲している場合には、自己破産を申し立てる前から、無事に免責許可が受けられる期間は別居することです。

 

 

少なくとも、彼女に債務者が自己破産したことはまずバレることはないでしょう。

 

 

2.彼女には何でも話せる間柄の場合

これが結局のところベストだと思うのですが、これは彼女と非常に親密な間柄で本当の信頼関係が築けている場合に限る対処法です。

 

 

思い切って、自分の今の借金地獄の状況を洗いざらい話して、その解決方法として自己破産を申し立てることを彼女に打ち明けることです。

 

 

その上で、自己破産の手続きを進める上で必要な書類の作成や、裁判所に提出する書類に関しても協力してもらうことです。

 

 

この際に、自己破産手続き上の協力は必要ですが、自己破産しても彼女の影響は無いということはしっかり説明しておくべきでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

彼女がいる債務者にとって、素直に彼女に自己破産することを打ち明けるか?否か?はその彼女との関係性にもよりますし、また、同棲など生活を共にしているか?否か?でも違ってきます。

 

 

不正な資産隠しや名義変更などをしていない限り、同居していても彼女の影響は何もないわけです。

 

 

とはいっても、債務者一人で結論と対策を出すのは早計だと思われるので、まずは、法律事務所の無料相談を受けて、専門家にアドバイスをもらうことがベストでしょう。