自己破産してブラックリストに載ってしまった後にクレジットカードを作る方法とは?

自己破産してブラックリストに載ってしまった後にクレジットカードを作る方法とは?

自己破産,クレジットカード,ローン,クレヒス

やむにやまれない事情から、多重債務に陥ってしまい、債務整理の最終手段である自己破産という選択肢を採ったあなた−

 

裁判所に、自己破産の申し立てをして、それが認められて、自己破産となったら、あなたが苦しめられてきたすべての債務は支払わなくて良くなり、免責となります。

 

そのかわりにあなたは、経済的な信用が地の底まで落ち、信用情報機関において、あなたの自己破産情報(金融事故情報)は、一定の長い年月記録が保持されます。

 

信用情報機関に加盟している銀行をはじめとする金融機関や、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融各社において、あなたはいわゆる「ブラックリスト掲載者」として、全てのクレジットカードの使用やローンの申し込みが不可能になります。

 

これらの信用情報機関というのは、日本においては3つ存在します。

 

1つ目は、すべての銀行や信用組合の加盟している全国銀行個人信用情報センター。いわゆる全銀協。
2つ目は、クレジットカード会社や信販会社の加盟しているCIC。
3つ目は、消費者金融各社が加盟している日本信用情報機構(JICC)。

 

これらの信用情報機関に、あなたの自己破産情報(金融事故情報)、いわゆるブラックリストに掲載された状態は、5〜10年継続します。

 

これらの期間を人によっては「喪に服す(喪中)」と呼び、これらの自己破産情報が削除されて、ブラックリストから外れる時のことを「喪明け」と呼んでいるようです。

 

基本的に、その言葉の示す通り、喪に服す(喪中)段階の期間は、クレジットカードなどを作ろうなどと悪あがきをするより、おとなしく真面目に地道に、喪に服すことが、クレジットカードを作る上で最も賢明で確実な方法であることを、ここでは掘り下げていきたいと思います。

 

 

ブラックリストから削除されるまでにやっておいたほうが良いこと!

自己破産,クレジットカード,ローン,クレヒス

 

あなたが自己破産すると、CICやJICCでは最低5年後、全銀協では最低10年後には、「喪明け」を迎えます。
晴れて、いわゆる「ブラックリスト」から消えるのです。

 

ですが、ここでいきなり調子に乗らないことです!

 

あなたの自己破産情報が削除されてブラックリストではなくなったからといって、いきなりクレジットカードを申し込んで、高額のローンを組んだり、多額のキャッシングを利用しようと考えることはとても愚かです。

 

何故なら、例えばCICやJICCといった信用情報機関で、5年が経過して、あなたの自己破産情報が削除され、ブラックリストでなくなったとしても、その間5年間のあなたの金融取引履歴も一切ないわけですから、真っ白な状態のいわゆる「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になっています。

 

このような状態なので、ブラックリストでなくなっても、誰が見ても「あ、この人、何か金融事故経験者だな」と一目瞭然でわかってしまうのです。
なので、自己破産後5年が過ぎて、喪が明けたー!!と早合点して、いきなり調子に乗った行動をしないことです。

 

では、どうしたらいいのか??

 

まず、CICやJICCで喪明けとなる5年後には、すぐにクレジットカードやローンの申し込みは行ってはいけません。
仮に申し込んだところで上記のような理由で、まず審査は落とされます。

 

喪明けで、まずあなたのやるべきことは、「クレヒスを作る!」ことです。

 

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、クレヒスを積むということは、自己破産で0になっているあなたの金融取引実績を積んでいく、という意味です。

 

 

案外簡単にクレヒス情報は作れる!手軽にクレヒスを作る方法!!

自己破産,クレジットカード,ローン,クレヒス
でも、あなたはきっとこう言い返すことでしょう。

 

「ブラックリストから外れたからといって、自己破産後5年後に調子にのってクレジットカードの申し込みとかするな!!って、言ったじゃん!
クレカもないのに、どうやってクレヒスなんて作れるんだよ??」

 

クレジットカードを作る以前に、クレヒス(信用実績)を積む有効な方法があるようです。

 

それは、「携帯・スマホの割賦購入」という手段です。

 

これは、CICやJICCで、あなたの自己破産情報が削除され、ブラックリストから消えた自己破産後5年でできる最初で最良の手です。

 

携帯やスマホを、各ショップへ行って、割賦購入で入手します。
審査はありますが、喪明けの状態であれば、この形態の契約自体は、スーパーホワイト(つまり、元金融事故者バレバレ)であっても結べます。

 

その月々の携帯の使用料(本体割賦料金込)の支払いが、この時期におけるあなたのまたとないクレヒス作り、信用作りとなってくれるのです。
言うまでもありませんが、未払いや料金延滞はもってのほか、論外です!
キチキチ、期日までに毎月しっかり支払って行ってください。

 

そうすれば、半年〜1年も経つ頃には、自動的に最低限のクレヒスが積まれていきます。
この小さなクレヒスの積み重ね、支払いによる信用の積み重ねが、この後に大きな実績となってモノを言ってくるのです。

 

 

クレヒスでの未払いは大禁物です!

 

上でも触れましたが、この「携帯・スマホの割賦購入」という手段を使って、クレヒスを積んでいく場合に、最もやってはいけないことは、料金の未払いや、延滞行為です。

 

これは肝に銘じておいてください。

 

せっかく、本格的に信用を再び0から積み上げていこうとして始めたクレヒス作りなのに、料金の未払いや延滞などを発生させてしまえば
全くの逆効果で、あなたの信用はマイナスからもう戻ることはなくなるでしょう。

 

その後にクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする経済生活をおくることも極めて難しくなると覚悟しておいてください。

 

忘れてはいけないのは、あなたは、一度、自己破産している人間だという事実です。

 

そのような人間が、喪明けに、携帯やスマホの割賦購入をおこなって、しかも、また未払いや料金の延滞を発生させているとなれば、もう信用回復はその後不可能でしょう。

 

すべては、真面目に期日にはきっちりと毎月コツコツ支払いを積んでいく、ことから信用の再構築が始まると思ってください。

 

ここで、優良なクレヒスを積んでいけるかどうかで、その後の本格的に、クレジットカードを申し込む段になった際に審査に通るかどうかが決まると思って良いです。

 

 

「ブラックリストでも借りられます!」とかいう宣伝には要注意!!

自己破産,クレジットカード,ローン,クレヒス
信用情報期間に、自己破産情報などの金融事故情報の記載されているあなたのような人、つまり、ブラックリストに載っている人間には、マトモな会社はお金を貸してくれませんし、ローンも組むのは無理ですし、クレジットカード自体作れません。

 

にもかかわらず、見出しのように、甘い誘い文句で、「ブラックリストでも全然借りられますよ!」と宣伝してくる会社がかなりあります。

 

結論から言えば、
これらはすべて違法組織です!!

 

マトモな企業、金融機関であれば、いずれか、または複数掛け持ちで信用情報機関に加盟しているのです。
これらに加盟していない会社は、間違いなく「アンダーグラウンドな組織」です。

 

すなわち、ヤミ金であったり、もっと酷い場合には、犯罪組織、詐欺グループの可能性も高いです。
このような輩は、窮地に落ちてもがいている人を助けるどころか食い物にしようとするロクデナシです。

 

関わったら終わりだと思ってください。

 

ブラックリストでも借りられるマトモな会社は存在しませんし、クレジットカードもあなたの自己破産情報が記載されている期間は、100%作ることはできません。

 

にもかかわらず、このようなあり得ない宣伝で釣ろうとしてくる会社や組織が、どのようなものであるか、普通に考えれば誰にも簡単に想像がつくと思います。

 

弱みにつけこむような卑劣な甘言には気を付けましょう!